ここから本文です

リアルな会話で外国語が身近に! ネットで学ぶ語学  [FRaU]

6/8(木) 16:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

いまや語学もネットを通じて学ぶのが当たり前の時代。そこで、実際にサイトやアプリを使って語学を学んでいる方々に活用法を伺いました。ヴァーチャルと思いきや、うまく活用すれば外国人のリア友ができるかも!?

フランス語を学ぶなら…… 「mylanguageexchange.com」

最小単位の異文化交流!短期留学中にも◎
(美容エディター・前野さちこさん)

「パリ留学時に語学学校で勧められて以来活用しているコミュニティサイト。まずはアカウントをつくって自分のプロフィールをアップ。すると日本語に興味のあるフランス人からメッセージが届くので、何通かやり取りして安心と思えた人と直接会ってカンバセーションを。もちろん知らない人と会うコワさはあるので、それなりの注意は必要。

私の場合、できるだけ同性を選んだり、友達と複数で必ず人の多いカフェで会うようにしていました。日本でも同じように使えますし、ウェブ上のやり取りもできるので留学前に現地に友達をつくっておきたいときにも便利。語学学校に行くほどでもない短期の留学時にもオススメです。リアルな会話で外国語がグッと身近になりますよ」

韓国語を学ぶなら…… 「HelloTalk」

ハングルでやり取りするTwitterのような感覚 
(ヘアスタイリスト・Sさん)

「日本語を学びたい外国の人と繋がって、お互いの語学を勉強しあおうというアプリ。100カ国語以上に対応していますが、私は韓国語を覚えたくて始めました。オススメはTwitterのようにつぶやきを投稿できる『モーメント』という機能。気になる人をフォローしてハングルのつぶやきを読んでいるだけでも勉強になるし、中には課題や発音のコツなどを定期的に流している人も。

自分がハングルでつぶやけば、韓国人のフォロワーさんが間違いを添削してくれたりもしますよ。1日15回まで使える自動翻訳機能も、日本語と韓国語の文法が似ているおかげかなかなかの精度の高さ。仲良くなった相手とはDMを送りあったり通話できたりもするので、外国人の友達をつくりたい人は是非」

1/2ページ