ここから本文です

巨人、投手陣崩壊で泥沼の13連敗。ルーキー・池田が3回7失点KOと試合作れず

6/8(木) 20:40配信

ベースボールチャンネル

 8日、メットライフドームで読売ジャイアンツ対埼玉西武ライオンズの一戦が行われ、ジャイアンツは2-13と大敗。球団ワースト記録を更新する13連敗となってしまった。

 巨人先発はドラ2ルーキー・池田、西武先発は十亀で試合はスタート。しかし、両先発の出来が試合の明暗を分けた。

 初回、池田は二死を奪った後に秋山・浅村・栗山に3連打を浴び、1点を失う。そして、3回には一死から源田に安打、秋山に死球、浅村に敬遠四球を一死満塁のピンチを招くと、栗山・メヒアに連続適時打、そして外崎に満塁本塁打を浴び7失点。池田はここでKOされ、2回1/3を54球で7安打、1奪三振、2四死球、7失点と苦境に立つチームを救う投球は出来なかった。

 そして、2番手・江柄子も4回に源田にプロ初本塁打を許し2失点、5回には金子に今季初本塁打を許し3失点で2回2/3を5失点と流れを止められず。3番手・桜井も2回1失点でリードを広げられてしまった。この試合で無失点だったのは、4番手で1イニングを投げた篠原のみ。投手陣は13安打・3四死球で13失点を喫し、西武打線の勢いを止めることが出来なかった。

 打線も西武先発・十亀の前に2点を奪うにとどまり、ガルセス・南川からは安打すら放てず試合終了。2番起用となった坂本が唯一のマルチ安打を放ったが、後続が続かず主将の意地の安打を活かすことは出来なかった。

 巨人は明日から敵地・札幌ドームで日本ハムと対戦予定。予告先発は巨人・マイコラス、日本ハム・高梨となっているが、助っ人投手は果たしてチームの連敗を止められるだろうか。

ベースボールチャンネル編集部