ここから本文です

『あなそれ』東出昌大と山崎育三郎に“BL展開”待ち望む声

6/8(木) 16:07配信

女性自身

6日、TBS系ドラマ「あなたのことはそれほど」第8話が放映された。

何の罪悪感もなく不倫する主人公・美都がバッシングを浴び、演じる波瑠(25)まで巻き添えを食ったことが話題になった本作。ここにきて美都の夫・涼太(東出昌大・29)の同僚である小田原(山崎育三郎・31)がゲイであってほしい、という意見が続出している。

第8話で小田原は美都の母親・悦子が営むスナックに行き、美都と涼太を別れさせてほしいと依頼。なぜ他人の家庭に首を突っ込むのか疑問に思った悦子に「それとも好きとか?」と訊かれると、あからさまな動揺を見せる。そして次回予告では小田原がアップで誰かに「ずっと前から、好きなんです」と告白するシーンが……。

実は、小田原は登場時から意味ありげな目で涼太を見つめていることが多く「本当はゲイで、涼太が好きなのでは」とささやかれていた。だが前回からは美都に急接近し「いつでも連絡ください」と連絡先を交換。今回も美都からの「賃貸契約の保証人になってほしい」というお願いに快諾しており、「美都狙いだったのか」と驚く声が上がっていた。

小田原が好きなのは美都なのか、それとも涼太なのか?美都はただでさえいいところが描かれておらず「なぜ涼太が美都を好きなのかわからない」と訝しがる声も。それだけに「小田原も美都が好きとなると、視聴者がついていけなくなる」として、インターネット上では次のような声が上がっているのだ。

「どんなに尽くしても愛してくれない美都より、ずっと見守ってくれていた小田原といっしょになったほうが涼太は幸せになれるのでは」
「もし小田原が涼太を好きでずっと気持ちを隠して側にいたのだとすれば、もう小田原が主人公」

実現すれば、不倫ドラマにあるまじき切ない純愛になるであろう衝撃の展開。ちなみに小田原は原作に登場しないドラマオリジナルのキャラクター。「涼太が美都と別れ、小田原と幸せになる」という展開は望み薄に思えるが、果たして――。

最終回まであと2話。ヒートアップする「あなそれ」から目が離せない。

最終更新:6/12(月) 17:00
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2782号・7月11日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

ベンガル 妻が認めた朝加真由美との不倫
大地真央 夫が認めた結婚10年目の別居生活
松居一代 船越英一郎が怯えたGPS24時間監視