ここから本文です

【日本代表】「予選じゃなくてよかった」シリア戦で、原口元気がなにより悔やんだのは… 

6/8(木) 6:00配信

SOCCER DIGEST Web

「僕としては前から行きたかった。でも…」。

[キリンチャレンジカップ2017]日本 1-1 シリア/6月7日/東京スタジアム
 
 格下相手にホームで引き分けという不甲斐ない結果を受け、原口元気は明らかに不満を抱えていた。
 
「まあ、良くなかったですね。守備もハマらなかったですし、攻撃の形も上手く作れなかったので。改善しなきゃいけないですね」
 
 原口曰く、このシリア戦でも「いつものように」前からのプレスでボールを奪おうとしていた。しかし「何回か剥がされてしまって」、そのプレスを仕掛けるタイミングを見失うと、チームとの間にもズレが生じてしまった。
 
「僕としては前から行きたかった。でも、チームとしては引きながらっていう意識が続いたのでそのなかで上手くやれなかった。これが予選じゃなくてよかった。今日見に来てくれた人たちには申し訳ないですけど、良い意味で捉えれば予選じゃなくてよかった」
 
 確かに、この日の日本はどこかチグハグしていた。攻撃も守備も中途半端で連係らしい連係は数える程度。押し込む展開になるだろうと予想していた親善試合で、まさか自分たちが引き気味に守ることになろうとは想定外だったはずだ。そうなった原因は、インサイドハーフとして攻撃陣を牽引すべき香川真司が前半の10分に負傷交代したところにあったのだろうか。
 
「シンジくんとやるイメージは作っていた。いろいろ話していたので、少しアクシデントではありましたけどね。でも、(倉田)秋くんとは前もやっていたし、まったく問題なかったと思います」
 
 原口に言わせれば、問題は自分にあった。決めるべきシュートを決められなかった、そこに腹を立てていた。
 
「要は、自分が決めていればいいわけで。チャンスがあったのにモノにできず、0-0で進んで流れが悪くなかった。日本代表としてプレーしている以上、ああいうシュートは決めなきゃいけない。ああいうシュートを決める選手が日本代表だと思うので、次はチャンスがあれば必ず決めたい」
 
 動き自体は全体的に悪くなかったと自己評価する原口は、「あとはシュートだけ」と改めて気持ちを引き締める。昨年のサウジアラビア戦までの最終予選4試合連続ゴールがフロックではないことを証明するためにも、アウェーのイラク戦では目に見える結果が欲しい。
 

【日本代表】シリア戦を彩った「美女サポーター」たち♥

最終更新:6/8(木) 6:30
SOCCER DIGEST Web