ここから本文です

【日本代表】後半投入の本田圭佑、「全員不満だが、ポジティブに」。乾、大迫が語った"圭佑効果"とは?

6/8(木) 6:30配信

SOCCER DIGEST Web

「高い位置で圭佑くんがボールを収めてくれた」と乾。本田&乾が、新ユニットになり得る可能性を示す。

[キリンチャレンジカップ]
日本代表 1-1 シリア代表
2017年6月7日/東京スタジアム
 
 本田は後半開始からピッチに立ち、4-2-3-1の右MFと4-3-3のインサイドハーフでプレーし、停滞していた攻撃にアクセントを与えた。
 
 ベンチから前半の戦いぶりを見ていた本田は、「スペースがなく、ゴールもなければチャンスも作れず、難しい試合をしてしまった」と感じていたと言う。そしてハーフタイム、ハリルホジッチ監督から久保裕也との交代でピッチに立つことを告げられた。
 
「左利きの僕が右サイドに入り、周りにはパスを受けるための動き出しの良い選手が揃っているので、そこを活かすことを考えた。逆サイドにいる選手にも(パスを受ける)『準備をしておいてくれ』と言いました」
 
 同点ゴールのシーンは、本田が中央に飛び込んでDFを引き付け、今野のシュートを“お膳立て“。さらに右サイドの本田から左サイドの乾への大胆なサイドチェンジなど、前半まではなかった攻撃のアクセントを付けて、日本の攻撃を活性化させた。
 
 センターフォワードの大迫勇也は「(本田投入後は)タメができて、すごく有難かったし、そこからチャンスが増えたかなと思う」、また59分から出場した乾は「高い位置で(本田)圭佑くんがボールを収めてくれたことで、僕らも思い切って仕掛けることができた」と“圭佑効果”を感じ取っていた。本田&乾は新たな攻撃ユニットになり得る可能性を示したと言えるだろう。
 
 63分の浅野の投入後は4-3-3のインサイドハーフに入った。そこからはなかなか思い通りに崩し切れず、イラク戦への課題を残したものの、そこは本田だ。この状況も今は前向きに捉えていた。
 
「すべての選手が満足していない。これをポジティブに、イラク戦に向けて修正したい。(自分自身のプレーについて)チャンスもあり、決め切らないといけなかった。感覚を取り戻すためには、とてもいい練習にもなった」。そして6月13日のワールドカップ・アジア最終予選のイラク戦へ――。「勝つしかない」と気を引き締めていた。
 
 4試合連続スタメン落ちになった。ミランの退団が決定しており、新たな移籍先も注目される。そして、改めて日本代表で存在感を示した。やはり、この男から目が離せない。

【日本代表】シリア戦を彩った「美女サポーター」たち♥

取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)
 

最終更新:6/8(木) 9:17
SOCCER DIGEST Web