ここから本文です

金田喜稔がシリア戦を斬る!「本田のインサイドハーフ起用は大いに賛成だ」

6/8(木) 6:18配信

SOCCER DIGEST Web

本田が攻撃の流れを変えた事実は見逃せない。

[キリンチャレンジカップ2017]日本 1-1 シリア/6月7日/東京スタジアム

 立ち上がりからシリアが圧力をかけてきたため、試合の入りは悪かった。ボールを奪っても中盤で落ち着かず、球際の攻防で競り負けてそのまま攻め込まれるシーンも目立っていたし、とりわけ前半は、攻撃面でやや物足りなさを感じた。

【日本代表1-1シリア代表 PHOTO】香川が負傷交代…先制許すも今野の同点弾でドロー

 もっとも、この試合でハリルホジッチ監督が選手たちに求めたのはおそらく、“アウェーの戦い”だったのだろう。つまり、守備を重視した戦いだ。ディフェンスに関しては前からプレスをかけていくよりも、全体をコンパクトにし、守備の網をかけて奪ったボールを手数を掛けずに前へ運ぶ。そんな戦いを心がげていたように映った。

 シリアに引き分けという結果は、ポジティブに映らないかもしれない。とはいえ、攻撃的に戦って、内容と結果を得ることがすべてではない。イラク戦で求められるのはあくまで結果であり、そのシミュレーションができたかどうかを、ハリル監督は重視していたはずだ。
 その意味では、課題の残るゲームとも言える。システムは3月のUAE戦と同様に、今野を4-3-3のインサイドハーフに置き、彼のディフェンス力を生かした戦いを選択した。そうしたなか、前半から中盤のスペースを生かされて何度かピンチを迎えてしまったのは反省点だろう。

 また2CBの一角には6月シリーズで招集外となった森重ではなく、昌子がスタメンに名を連ねたが、そのパフォーマンスは決して褒められるものではない。サイドからのクロスを跳ね返せずに喫した1失点目のシーンが象徴していたように、味方との連係に改善が必要だ。その辺りは、特に相棒の吉田と十分にコミュニケーションを図り、イラク戦ではシリア戦での教訓を生かしてもらいたい。

 個人的にもうひとつ気掛かりなのは、インサイドハーフの人選だ。

 今野とともにこのポジションを務めた香川はシリア戦の開始早々、左肩を脱臼し交代。中盤でボールが落ちつかなかったのは、香川を早々に失ったことも多分に影響しているはずだ。イラク戦前に離脱する可能性もあり、日本にとって痛手なのは間違いない。

 その代役として倉田も悪くないが、やはり本田を推したい。

 インサイドハーフに本田を起用すれば、キープ力や展開力で攻撃の起点になれるのは、シリア戦でも証明した。もちろん、後半途中からピッチに立った時点で相手の体力が落ちていた事実を差し引く必要はあるが、攻撃の流れを変えた事実は見逃せない。

1/2ページ

最終更新:6/8(木) 6:18
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ