ここから本文です

吉田麻也、インサイドハーフを称賛「後半は選手間の距離が非常に良かった」

6/8(木) 1:27配信

フットボールチャンネル

【日本 1-1 シリア 国際親善試合】

 日本代表は7日、国際親善試合でシリア代表と対戦し1-1の引き分けに終わった。

上位3位が勝ち点差3の混戦に… W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 前半は相手にペースを握られ、守備面で難しい対応を迫られた吉田麻也。課題も出たが、「あまりネガティブには捉えていない」と前向きだ。課題が浮き彫りになったことが収穫でもある。昌子源とのコンビについても振り返る。

「どの選手も自分のチームのやり方に慣れているので、そこをすり合わせていかなきゃいけないのが代表チーム。今日もそこでのズレはもちろんありましたし、オフサイドをかけるのかかけないのか、いつ前に出るのか出ないのか。そこは今日、僕の中では『鹿島はこんな感じなんだろうな』というイメージはできた。次誰が出るかわからないですけど、また源と組む時はさらにいいものを作り上げられるように」

 後半にリズムを取り戻した一因に、インサイドハーフの貢献があった。吉田は「前半は一人ひとりの距離が大きかったので、そこの間にうまく2人が入ってくれた。(倉田)秋が前半途中から難しい入り方だったけど、うまくリズムをつかんでくれて、後半は選手間の距離が非常に良かったと思います。後半の方がやりやすかった」

 イラク戦では、この日の後半のようなサッカーを展開したいところだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)