ここから本文です

この夏最大の“爆弾”に? Cロナに220億円の仰天オファーを出すクラブとは…

6/8(木) 16:01配信

フットボールチャンネル

 レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに対し、夏の移籍市場で複数クラブが超高額オファーを提示する見通しだという。7日付のポルトガル紙『ア・ボーラ』が伝えた。

3位C.ロナ、2位ベイル、1位は…移籍金歴代トップ10

 C・ロナウドは先日行われたチャンピオンズリーグ決勝のユベントス戦で2ゴールを挙げ、マドリーを大会史上初の2連覇に導いた。自身5度目となるバロンドール受賞も濃厚と予想され、32歳を迎えても絶頂期が終わる気配は見せていない。

 そのC・ロナウドに対し、イングランドやフランス、中国からこの夏に巨額のオファーが届く見通しだと報じられている。『ア・ボーラ』は、最大で1億8000万ユーロ(約222億円)にも達するオファーが見込まれるとして、「移籍市場の最大の爆弾になる」と伝えている。

 フランスからは、パリ・サンジェルマン(PSG)とモナコが獲得に関心を示しているとのこと。PSGは昨年クラブを去ったズラタン・イブラヒモビッチに代わるスター選手を探し続けており、一方のモナコは新星キリアン・ムバッペを売却した資金をC・ロナウド獲得に用いることも考えられるという。

 イングランドでは、古巣であるマンチェスター・ユナイテッドがC・ロナウドの再獲得を望んでいるという噂が絶えない。アトレティコ・マドリーのFWアントワーヌ・グリーズマンが残留を決断したことで、ユナイテッドは新たなターゲットとなる大物選手を探しているかもしれない。

 報じられる金額での移籍が実際に成立すれば、ユナイテッドが昨年獲得したMFポール・ポグバの移籍金を大きく上回り、サッカー界の史上最高額を更新することになる。世界を揺るがす大型移籍となることは間違いないが、実現の可能性はあるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)