ここから本文です

マンCが新守護神を獲得。ポンド換算ではブッフォンを上回る“史上最高額GK”に

6/8(木) 20:44配信

フットボールチャンネル

 マンチェスター・シティは8日、ベンフィカからブラジル人GKエデルソン・モラエスの獲得が決定したことを発表した。シティとは5年契約を交わし、7月1日付での加入となる。

 ベンフィカ側からはすでに、今月1日の時点でエデルソンの移籍が発表されていた。シティの支払う移籍金が4000万ユーロ(約49億3000万円)であることも明らかにされている。1週間を経て、シティ側からも発表が行われることになった。

 為替レートの変動の影響により、エデルソンはイギリスにとっては“史上最高額”のGKだが、欧州全体では最高額に届かないということになる。英メディア『BBC』によれば、2001年にジャンルイジ・ブッフォンがパルマからユベントスへ移籍した際の移籍金5300万ユーロは当時のレートで約3260万ポンド。エデルソンの4000万ユーロは現在のレートで約3500万ポンドとなり、ポンド換算では史上最高額を更新する。

 現在23歳のエデルソンは2015年にベンフィカに加入し、2016/17シーズンは正守護神としてポルトガルでの国内2冠に貢献。ブラジル代表に招集を受けたこともあるが、まだ代表デビューは果たしていない。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ