ここから本文です

『クレイジージャーニー』で話題沸騰!『奇界遺産』写真家・佐藤健寿による親子で楽しめる奇妙なワールド・ガイド

6/8(木) 17:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 世界中の「不思議」を膨大なイラストと写真で紹介する、『THE WONDER MAPS 世界不思議地図』が2017年5月19日(金)に発売された。

 同書はTV「クレイジージャーニー」でもおなじみの『奇界遺産』写真家・佐藤健寿が、奇妙な景色や怪事件、不思議な人物、未確認生物、オーパーツ、廃墟、お祭り、民族、宇宙の謎までを膨大なイラスト・写真・解説で紹介。親子で楽しめる奇妙なワールド・ガイドブックになっている。

MAPS:世界中の奇妙なものを集めた地図
アジア・オセアニア、南北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、そして宇宙。エリアに点在する不思議なもの・奇妙なもの・美しいものたち(ワンダー)をマップ化。実在する奇妙な文化・風習・景色から、未確認生物・謎の古代文明・伝説・神話まで、ひと目でその地域の「不思議」が分かる。

WONDER:全世界に散らばる奇妙なもの、不思議な事件、実在する絶景・奇景
奇妙な症候群を生んだ先住民族の悪魔、体長15cmの妖精、アフリカにパニックを起こした巨大コウモリ、世界各地の未知水棲生物などの「未確認生物」。謎の大陸が描かれた地図、紀元前の宇宙飛行士像、シュメル文明などの「オーパーツ」。世界最悪の建造物、悪趣味の集大成といわれた庭園、160の個室がつくられた家などの「奇景」。身長5mの謎の部族、人造人間、ノアの方舟が漂着した山、キリストを刺した槍などの「伝説」。壁に顔が浮き上がる民家、瞬間移動した軍艦、勝手に移動する棺桶、田園で発見された謎の地上絵などの「怪事件」。不食の実践者、500歳を超える不死身人間、的中率80%以上の予言者、軍事利用された超能力者などの「怪人」… 各地の不思議なものたちを地図上に配置。

SPOT&EVENT:実際に存在する絶景・奇景・奇祭
宇宙人の絵が描かれた洞窟、巨大隕石が落下した町、青い炎の山、ゴールドラッシュ時代の廃墟、奇病のサンプルが並ぶ博物館、気象兵器と噂される謎の施設、湖上に浮かぶ人口島、世界で一番雷が見られる村、半魚人の石像が発掘された遺跡、砂漠の黄金郷、地獄の入り口と呼ばれる湖、世界で一番美しいミイラ、草原に描かれた謎の地上絵など、実際に存在する名所を写真入りで掲載。キリストの処刑の再現、無数の修行者たちの一斉沐浴、飛行機を信仰する奇習、架空の都市をつくりあげる祭、魔女文化に由来する火の祭、遺体を掘り起こして踊る奇祭など、世界各地の奇習・祭り・イベントも紹介する。

1/2ページ