ここから本文です

3カ月で-8キロ!? メディアで話題の「さば缶ダイエット」そのメカニズムとは?

6/8(木) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 ダイエットには特別なサプリや特殊な食材の置き換えが必要? そんな入手しづらく高価なものがなくともダイエットは可能なのです。どこででも手に入りそしてお値段もお手軽。そんな食材が今、ダイエッターからも注目を集めています。その熱い食材とは「さば缶」。テレビでも話題になりましたが、どこのスーパーでもコンビニでも売られている、あの缶詰が体にも美容にもいいんです。

 さば缶の魅力をひとことでいうなら、「やせるホルモンがモリモリ」。どういうことなのでしょう。お医者さまに解説いただきました。
 医師で白澤抗加齢医学研究所所長の白澤卓二先生によると、さば缶には次のような特徴があることです。

■さば缶の3つのうれしい特徴

1、動脈硬化を防ぐDHAが豊富
2、食べるとやせるホルモンGLP-1が分泌されやすくなる
3、低糖質

 このなかで聞き慣れないのは、GLP-1というホルモンではないでしょうか。さば缶を食べるとGLP-1という消化ホルモンが小腸下部から大腸にある「L細胞」という場所で分泌されます。ではなぜ、「やせる」と言われるのか。その作用をまとめてみました。

■GLP-1の3つの作用

1、脳に働きかけて食欲をコントロール
2、胃から食べ物が排出される時間を遅くして、血糖値の上昇をゆるやかに
3、血糖値を下げるインスリンの分泌を促進し、同時に血糖値を上昇させるグルカゴンの分泌も抑える

 食べたいという欲求を抑えてくれるなんて、まさにダイエットに最適なサポーター。このGLP-1は、青魚に多く含まれているEPAによって生成されます。このEPAがもっとも多く含まれている魚介類は、さばなんです。じゃあ、生のさばを調理すればいいのでは? もちろんそうです。でも、さばには春と秋のシーズンがあります。白澤先生はこのようにおっしゃっています。

「秋さば、寒さばは脂がよくのっています。つまり(EPAを含む)脂質成分を豊富に含むということなのです」

 一年中、潤沢にEPAを摂取するには、秋・冬のさばが有利。それを年中問わずに選べるのがさば缶の良さなのです。缶によっては、収穫時期が記されているものがあるのでぜひチェックを。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【表紙】乃木坂46
特集1:乃木坂46 結成7年、その言葉は誰のものか?
特集2:フツーになんて生きられない。大人のための恋愛マンガ 恋する私たちはちょっとおかしい