ここから本文です

帰ってからたった20分で3品作れちゃう! 忙しい日に役立つ「~しない」レシピ【作ってみた】

6/8(木) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 どんなに忙しくて疲れていても、夕食作りはなくなりませんよね。しかも、栄養バランスなどを考えると、メイン1品だけというわけにもいきません。せめてメイン1品副菜1品…できれば副菜2品は準備したいものです。でもそうなると完成までにかなり時間がかかり、お腹を減らして帰ってきてもすぐにご飯を食べることができません。なんとか短時間で数品作ることができないものでしょうか。そんな時に役立ちそうな、その名も『帰って20分で3品作る 忙しい日のスピードごはん』(ぱお/KADOKAWA)が発売になりました。

 月間200万PVを超える人気料理ブロガーである著者が、「家族が喜ぶおうちごはん」をテーマに、包まない&揚げない&煮込まないといった「~しない」レシピを考案。さらに短時間で数品作るために必須な時短テクも満載で、思わず「その手があったか!」と感心して、すぐに試してみたくなるものばかりです。そこで今回はこの中から、実際に20分でメイン1品副菜2品の計3品を作ってみました。

1、こねない&包まないのにジューシーな「豚こま団子のレンジシュウマイ」(P.40)

 2cm幅に切った豚肉にしょうゆ、砂糖、ごま油、おろししょうがをもみ込み、等分して丸めます。そこに細切りしたシュウマイの皮をまぶし、キャベツを敷いた耐熱皿の上に並べます。さらにその上にもう1枚キャベツをかぶせラップをし、600Wの電子レンジで4分ほど加熱すれば完成です。

 1品目は、豚こまを使ったメインレシピ。普通、シュウマイと言えば、ひき肉をこねてシュウマイの皮で包み、蒸し器で蒸すというのが一般的ですが、今回のレシピではこのどれも行わず、まさに“ないない”尽くしのお手軽レシピ。また、キャベツに挟んでレンチンすることで、シュウマイを蒸すだけでなく、キャベツの調理まで一緒に済ませることができました。食べてみると、野菜の水分でしっかり蒸された豚肉はとってもジューシー。周りにまぶされた皮もモチモチで、ひき肉&蒸し器で作ったシュウマイに負けないくらいの本格的な味になっていました。

1/2ページ