ここから本文です

結婚詐欺師役ディーン・フジオカ「魅力的なキャラクターになれば」 貫地谷しほりからは「ディーンの魅力満載」

6/9(金) 11:41配信

エンタメOVO

 映画『結婚』完成披露試写会が8日、東京都内で行われ、ディーン・フジオカ、柊子、中村映里子、松本若菜、安藤玉恵、萬田久子、貫地谷しほり、西谷真一監督が出席した。

 直木賞作家・井上荒野の同名小説を原作とした本作は、結婚詐欺師・古海健児(ディーン)と、彼に騙される女たちの姿を通して、「結婚」をめぐる“嘘”と“真実”を描いた大人のための愛の物語。

 ディーンは冒頭、「結婚詐欺は犯罪です」と明言して観客を笑わせるが、役作りに関しては「犯罪者なのでどうしたもんかなと思って…。でも、そういう生き方を選ばざるを得ない理由がある古海役を掘り下げていく中で、犯罪者を目指している人じゃなくても共感できる部分があったり、関わりたくないけど目をそらすことができないような魅力的なキャラクターになればいいなと思いました」と真面目に説明した。

 また、結婚とは「誓い合った同士がよりよい未来を作っていくために努力を続ける契約だと思う」と語ると、自身のプロポーズについて「すごいシンプルでした。何も用意していなかったので、その場で言わなきゃまずいな~と思って勢いで言いました」と明かした。

 この日は、ディーンのファンが大勢詰めかけ、登場時はアイドルのコンサートのように黄色い歓声が飛び交い、貫地谷は「ディーンさんとアイドルグループを組んでいるような気分で、とっても気持ちいいです」と笑顔。ディーンと水族館や海辺でのデートシーンを体験した萬田は「楽しませていただきました」と幸せそうに話すと、「こんな爽やかな結婚詐欺師がいたんだな…と思います。ディーンの魅力満載です」と本作をアピールした。

 ディーンとの関係がNHK連続テレビ小説「あさが来た」で始まった西谷監督は、念願叶って映画でもタッグを組めたことに満足気。ディーンを「昔の市川雷蔵さんや佐田啓二さんのような地に足がついた役者さん。会うたびに成長していて、この作品も難易度が高かったんですけど、見事にクリアされて感動しました」と賛辞を送り、ディーンを喜ばせた。

 映画は6月24日より全国公開。

最終更新:6/9(金) 11:41
エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!