ここから本文です

元「バレンシアガ」を手掛けたデザイナーによる靴ブランドとは?

6/9(金) 11:00配信

WWD JAPAN.com

 ケイト・ボスワース(Kate Bosworth)やカイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)らオシャレなセレブリティが愛用していることで、アメリカやヨーロッパで人気に火が付いたのがギリシャサンダルを提案する「エンシェント グリーク サンダルズ(ANCIENT GREEK SANDALS)」だ。毎シーズン、古代ギリシャの神々や神話、器、ジュエリー、彫刻からインスパイアされたサンダルを提案。ギリシャの職人によるハンドメードで、クラシカルなデザインに時代のムードを取り入れたデザインが人気を集めている。現在の取り扱い店舗は300以上。パリのコレット(Colette)やボン・マルシェ(LE BON MARCHE RIVE GAUCHE)、メルシー(Merci)、ロンドンのセルフリッジ(Selfridges)やマッチズ(MATCHES)、ニューヨークのバーグドルフ・グッドマン(Bergdorf Goodman)といった各国の有力店に並ぶ。価格帯は2万~4万円程度で、中心価格帯は2万5000円。日本では、スーパー エー マーケット(SUPER A MARKET)やメゾン ド リーファー(Maison de Reefur)、ギンザ シックス(GINZA SIX)のシジェーム ギンザ(SIXIEME GINZA)などが販売する。

 ブランドの始まりは2011年。ロンドン生まれギリシャ育ち、米バブソン大学でMBAを取得したニコラス・ミノグロウ(Nikolas Minoglou)と、ギリシャ出身で二コラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)時代の「バレンシアガ(BALENCIAGA)」やマーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)時代の「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」でシューズデザイナーとして経験を積んだクリスティーナ・マティーニ(Christina Martini)が立ち上げた。

1/2ページ

最終更新:6/14(水) 6:34
WWD JAPAN.com