ここから本文です

【関西の洋食】卵が主役の「玉子コロッケ」で80年!住吉の名店「洋食やろく」

6/9(金) 12:00配信

東京ウォーカー

「洋食やろく」は、住吉さんのお膝元で、名物の「玉子コロッケ」をはじめ、ビーフカツやハンバーグなど昔ながらの味を作り続けて約80年。現在は3代目と4代目が共に手を取り、伝統のメニューと旬の味覚にこだわるビストロ料理もそろう。<※情報は関西ウォーカー(2017年5月23日発売号)より>

【写真を見る】玉子コロッケの断面/洋食やろく

「玉子コロッケ」(918円)。ジャガイモを一切使用しないコロッケは卵が主役。牛乳やバターにゆで卵を合わせ、クリーミーで柔らかな食感にうっとり。

■ アイデアマンだった初代の味を守り続ける

デパートの催事で人気の玉子コロッケを考案したのは、初代の多田善松さん。3代目いわく「初代は戦時中、海軍の料理長を務めるなどとても優秀な人だったので、料理のアイデアも豊富だったんでしょう」。3代目が17歳の時、2代目が急逝し一時は玉子コロッケも消えたかと思いきや、レシピを伝授されていた親戚がいてくれたおかげで、名物も無事に復活。現在は専門店や百貨店でも販売され、初代の思いがこもった味はしっかりと受け継がれ広まっている。

店内で味わう「玉子コロッケ」にはエビが入り旨味アップ!

少しずつ土地を買い取り、現在はゆったり40席。

■洋食やろく<住所:大阪市住吉区東粉浜3-30-16 電話:06-6671-5080 時間:11:30~13:30 ※なくなり次第終了、16:30~20:00(LO) ※なくなり次第終了 休み:水曜(祝日の場合翌日) 席数:40席 交通:南海住吉大社駅より徒歩3分>【関西ウォーカー編集部】

最終更新:6/9(金) 12:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。