ここから本文です

ケンダル・ジェンナー、実父の自叙伝の内容は「事実じゃない」

6/9(金) 7:00配信

コスモポリタン

今年の4月に発売されてからというもの、カーダシアン家の内紛を巻き起こしているケイトリン・ジェンナー(元ブルース)の自叙伝「The Secrets Of My Life(原題)」。本の中身はというと、ブルースからケイトリンになった経緯などを記すものだと思われていたけれど、実際は家族、特に元妻クリスへの悪口が多いのだとか。「クリスは結婚前からトランスジェンダーだと知っていた」、「クリスに金銭の管理を細かくされ、お金を奪われた」などと告白しているそう。そのことに対してケンダルがついに口を開いた。

分裂危機!?ケイトリンの自叙伝を巡ってカーダシアン家がバトル

これまでのまとめ

まずはカーダシアン家の中で最も悪口を叩かれているとされるクリス。彼女は『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ(以下KUWTK)』で度々、怒り心頭である様子を映されている。

例えば「トランスジェンダーだと知っていた」と言われたことについて。

「結婚前に、ケイトリンに前妻との離婚理由を聞いたことがあるわ。そしたら色々と作り上げた詳細なストーリーを聞かされたけれど、本に書いてあった『前妻が激怒して夫婦喧嘩が泥沼化したから、トランスジェンダーであることを明かした』とは聞いてなかったわ。もし教えてくれていたら、私は女性になる願望がある人と結婚するかどうか考えることができたでしょ」

また、ケイトリンのお金を奪ったと言われていることについても反論。

「ケイトリンは1972年から一銭もお金を出してないわ。庭師を雇うのにいくらかかるのかも彼女は知らなかった。本では『クリスに私は必要とされなかった。ただ金はクリスへすべて流れた』と書いてるけど、家のローン、保険代や教育費は? 私が自分のために使い、貯金をしてたって言うけど、当時そんなお金はなかったわ」。

さらに、「私のことを良く書いている唯一のことは『1度パーティですごく社交的だった』よ。どうして私が何もかも悪くて、最低な女ということになってるの」とも話している。

最初ママが冷静になっていないだけだと思っていたキム・カーダシアン。ところが、実際に本を読んでからはクリス派であることを明言。トーク番組では「自叙伝は嘘ばかり」だと発言しているし、『KUWTK』では「ケイトリンはここ数十年全く注目されてなかったわ。私たちが(エンタメ界で)ケイトリンの良さを引き出したのよ。番組名に『ジェンナー』はないでしょ」と話した。さらに「ケイトリンは3家族をスタートさせて、全員の人生をダメにした」とも。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。