ここから本文です

【連載コラム】ファッションセンスを磨くには、どうしたら良いの? Vol.5

6/9(金) 11:01配信

Meiji.net

◇日本のファッションの常識は世界の非常識?

中野 香織(明治大学 国際日本学部 特任教授)

◇海外に行く際は、文化や習慣の違いにも注意が必要。

 日本の常識は世界の非常識ということが、ファッションの分野にもあります。例えば、昼間のビジネス時に、黒いスーツを着ているのはほぼ日本だけです。欧米で黒を着るのはモード界で働く人くらいで、ふつうは夜のパーティーと喪の場のみです。

 昼間のビジネス時は、ネイビーかダークグレーです。イギリスの都市部では、ブラウンもほとんど着ません。

 日本では、黒がリクルートスーツの主流になってしまったため、黒いスーツに違和感がないのですが、欧米ではかなり奇異に見られます。海外赴任される方は気をつけた方が良いでしょう。

 また、結婚式に、黒いスーツと白いネクタイをするのも日本だけです。紋付き袴の伝統の名残ですね。欧米には、そもそも白いネクタイがほとんどありません。あるのは、燕尾服に合わせる白い蝶ネクタイくらいです。結婚式では、グレーとか白の明るいベストを着て、華やかさを演出します。

 このようなベストをオッド・ベストといいます。スーツに付属するものとは別の、“揃いではない”ベストという意味で、非日常の華やかさを醸し出します。

 言葉の使い方も要注意です。「ダンディ」は、日本では素敵にスーツを着こなす人という褒め言葉で使いますが、欧米では「ちょっとエキセントリックなナルシスト」というニュアンスを込め、否定的なイメージで使うことが多いのです。間違っても、面と向かって「dandy」などとは言わないほうが良いでしょう。

 もっとナイーブな問題としては、文化の盗用(cultural appropriation)があります。2年前にボストン美術館で起きた「着物ウェンズデー事件」は有名です。

 これは、モネの絵画「ラ・ジャポネーズ」の前で、白人の人たちが日本の着物を着て写真を撮るというイベントだったのですが、日本人ではないアジア人の団体が抗議して中止になりました。

 当の日本人は、何が問題なのかキョトンとしてしまいますが、いまアメリカでは、先住民や、アジア、アフリカの伝統的な衣装を白人がコスプレすることに対して、文化の盗用、文化の冒涜であると神経を尖らせているのです。

 背景には、日頃差別を受けているマイノリティの人たちの複雑な感情があります。アメリカに行く際は、そのような動きがあることを頭の片隅に置いておくと、余計な摩擦を生むことが少なくなると思います。

 次回は、今後注目のファッションについて紹介します。

 ※取材日:2017年3月

Vol.6 次に来るのは、モデスト・ファッション? (6月10日公開予定)

中野 香織(明治大学 国際日本学部 特任教授)

最終更新:6/9(金) 11:01
Meiji.net

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Meiji.net

明治大学

社会問題を明治が読み解く
オピニオンは月3回更新

研究×時事問題。明治大学の教員が少子化
問題や地方創生、アベノミクスや最新の科学
技術など、タイムリーな話題を解説する、
大学が運営する新しい形の情報発信サイト。