ここから本文です

浅香唯「シャワーを浴びる男にドキドキ」肉体美にコロリ

6/9(金) 16:00配信

SmartFLASH

 6月6日、都内でアメリカのTVドラマ『MACGYVER/マクガイバー』のプレミア試写会が行われ、声優の宮野真守と土田大、女優の浅香唯と山本舞香が出席した。

 ドラマの主人公・マクガイバーの吹き替えを宮野が演じ、その相棒であるジャックを土田が担当している。このふたりは、宮野が声優デビューした2002年放送のTVアニメ『真・女神転生Dチルドレン ライト&ダーク』(テレビ東京系)でも、パートナー役として共演。今作では、15年ぶりにタッグを組むこととなった。

 宮野は当時をこう振り返った。

「アニメデビューしたのが19歳で、そのときの相方が土田さんだったんです。ぼくが『デビルチャージ』をすると、土田さんがパワーアップするっていう(笑)。声の世界で右も左もわからないときに、本当によくしていただいて」

 これに対して、司会者が土田に「(宮野真守の)成長ぶりは?」と聞くと「まったく変わってません!」と即答。これには宮野も「ちょっと……成長してないみたいじゃないですか!」と苦笑い。

 また宮野は、最初に台本を開いたときに「ゾッとしました」と制作の様子を振り返った。

「実は、マクガイバーがずっと出ずっぱりなんですよ。台本を開いたときに、出てないページがないんです。しかも、自分のセリフの間に、自分のモノローグが入ることもあって、ずっと宮野がしゃべるみたいな(笑)。そのくらい出番が多いので、やりがいがある役です」

 ゲストとして登場した浅香は、作品の見どころを聞かれ、「(主役のマクガイバーが)脱いだ瞬間、シャワーを浴びるシーンにドキドキワクワクします。私も含め、あんな肉体美のダンナさんがいる奥さんは、そうそういないので……」と女性視点からの感想を語った。 

 即座に山本も「わかります! 私もドキドキします」と同意。「近くにあんな男性がいたらコロッといっちゃうと思いますよ。私は19歳ですが、同じ年代のみんなもすぐほれちゃうんじゃないかな」と、若い女性にとっても、魅力的な作品であることをアピールしていた。

最終更新:6/9(金) 16:00
SmartFLASH