ここから本文です

“サイタマノラッパー”で大人気の入江悠監督が、映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』で見せたこだわりとは?

6/9(金) 12:00配信

otoCoto

地方都市で暮らす若者たちの鬱屈した青春をリアルに描いた『SRサイタマノラッパー』劇場版三部作(09年~12年)でブレイクを果たした入江悠監督。藤原竜也と伊藤英明がダブル主演した『22年目の告白-私が殺人犯です-』では大きく異なる犯罪サスペンスの世界に挑んでみせた。メジャー作品で見せた入江監督のこだわり、演出スタイル、そして“サイタマノラッパー”の今後について尋ねた。


──2017年は1月に地元・埼玉を舞台にした映画『ビジランテ』(12月公開予定)を撮影し、2~3月は現在放映中の深夜ドラマ『SRサイタマノラッパー マイクの細道』(テレビ東京系)の東北ロケ、4月7日には同ドラマに主演したSHO-GUNGの川崎クラブチッタでのライブ、そして『22年目の告白』の劇場公開、とハードスケジュールが続いていますね。

映画の企画って、なかなか思い通りに進まなくて、それで今年になって重なってしまったんです。でも、『22年目の告白-私が殺人犯です-』はかなり前から動いていました。今朝メールを遡ってみたら、2014年から『22年目の告白-私が殺人犯です-』の脚本づくりに加わっていました。

──連続殺人犯が時効成立後に名乗り出て、告白本を出版してマスコミを巻き込みながら時代の寵児になっていく―。映画『殺人の告白』(12年)の設定を元に、日本にあわせて大胆な脚色を加えて製作されたわけですが、オリジナルが傑作だっただけに監督をオファーされた際は躊躇しませんでしたか?

確かに韓国映画は復讐ものや犯罪もののレベルが高いですよね。『殺人の告白』は日本での劇場公開時(2013年)にシネマート新宿で観たんです。中盤のプロットの意外性、大どんでん返しには、衝撃を受けました。これは日本でさらにブラッシュアップすれば、もっと面白いものになるなと感じたんです。『殺人の告白』のクライマックスはアクション中心になっていく。その頃はスパイアクションもの『ジョーカー・ゲーム』(15年)を撮り終わっていた時期だったこともあって、日本でこのままリメイクすることは難しいなと。どうすれば日本を舞台にして面白いものになるかを考えていたら、オファーが届いたわけです。プロットはとても面白いので、そこをうまく生かせば、絶対に面白いものになるなと思いましたね。

1/5ページ

最終更新:6/9(金) 12:00
otoCoto