ここから本文です

UAEでバルサのユニフォームを着ると懲役15年!? カタール国交断絶の余波がサッカー界にも…

6/9(金) 11:06配信

Football ZONE web

アルゼンチン紙報道 「カタール航空」のスポンサー名入りユニフォームが問題に

 現在世界情勢で大きなトピックスとなっているのは、中東のカタールがサウジアラビアやUAE(アラブ首長国連邦)、バーレーン等の国との国交を断絶されたことだが、UAEでバルセロナの近年のユニフォームを着ていると、なんと懲役15年を言い渡される可能性があると、アルゼンチン紙「オレ」が報じている。

【画像】メッシ、ロナウジーニョ、ネイマールが並ぶ、“MRNトリオ”の貴重なスリーショット!

 カタールがイラン側の過激派組織と関係性を持っていることに不信感を抱いた中東各国が、次々と国交断絶を決めるなか、サウジアラビアの強豪クラブとして知られるアル・アハリの胸スポンサーはカタールの「カタール航空」になっていたが、両国の関係悪化を受けて即座にスポンサー契約終了を発表するなど、スポーツ界にも大きな影響を及ぼしている。

 そしてこのカタール航空が、今季まで胸スポンサーを務めていたクラブと言えばバルサだ。同紙にはUAEで撮影されたというFWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレス、FWネイマールの「MSNトリオ」の広告看板が、カタール航空のロゴの部分を隠した状態となっている写真を掲載。そのうえで以下のように記している。

1500万円の超高額な罰金の可能性も…

「もし以前のカタール航空のスポンサーが入ったバルサのユニフォームを着用していると、懲役15年の可能性がある。それに加えて50万ディルハム(約1500万円)の罰金もあり得る」

 バルサのユニフォームを着ているだけで長期の刑期、そして超高額の罰金刑を処される可能性があるのだという。中東情勢が差し迫った状況にあるからこその話題だが、バルサは来季から日本のインターネットサービス企業「楽天」が胸スポンサーとなる。UAEなどに在住するバルサファンにとっては、楽天はありがたい存在となるのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/9(金) 11:06
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ