ここから本文です

マンCで評価急落のチリ代表GKに恩師ビエルサが助け舟? リール移籍の可能性浮上

6/9(金) 11:50配信

Football ZONE web

昨夏にペップ肝いりでバルサから加入したGKブラーボ 不安定なプレーで失意の1年に

 マンチェスター・シティで不安定なパフォーマンスが続いてシーズンを終えたチリ代表GKクラウディオ・ブラーボに、フランス移籍の可能性が浮上している。チリメディア「エル・メルクリオ」が報じた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ブラーボは今季開幕前に、ジョゼップ・グアルディオラ監督の肝いりでバルセロナから加入。その影響でイングランド代表GKジョー・ハートをイタリアのトリノへ期限付き移籍で放出したことで波紋を呼んだが、そのパフォーマンスは安定しなかった。

 昨年10月にUEFAチャンピオンズリーグのグループステージで古巣バルセロナと対戦した際には、相手のロングボールに対してペナルティーエリア外に飛び出し、味方へのパスを試みるもまさかのキックミス。ボールはバルセロナFWルイス・スアレスの足下に収まってしまった。このチャンスにウルグアイ代表ストライカーがすぐに無人のゴールに向かってシュートを放つと、エリア外に出ていたブラーボはジャンプしながら両手でブロック。あえなく一発退場となった。

 こうした不安定なプレーにより英メディアからバッシングを浴びていたブラーボは、結局リーグ戦22試合の出場にとどまり、先発した試合の平均勝ち点や平均勝率もチーム平均を下回る失意のパフォーマンスとなった。

マンCに対してレンタル獲得を申し出る

 そのブラーボに対して、母国チリ代表を率いてワールドカップでも躍進させた指揮官が手を差し伸べるという。フランスのリールを新シーズンから率いるマルセロ・ビエルサ監督がブラーボの獲得を熱望し、シティに対して期限付き移籍での獲得を申し出ていると報じられている。

 プレミアリーグ初挑戦となったシーズンで厳しい批判を浴び続けたブラーボは、“エル・ロコ(変人)”の異名を持つ元代表指揮官のリクエストに応える形で、来季フランスに新天地を求めるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/9(金) 11:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新