ここから本文です

波紋広げた豪州戦でのサウジ選手の黙祷拒否 試合後に同国サッカー連盟が謝罪

6/9(金) 13:50配信

Football ZONE web

ロンドンのテロ事件を受けて試合前に黙祷実施も、サウジ選手は整列せず

 ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア対サウジアラビアの一戦が8日にアデレードで行われ、サウジアラビアが試合前の黙祷を拒否する一幕があった。英紙「デイリー・メール」が報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 オーストラリアは、ロンドンでの爆破テロにより同国の女性二人が亡くなったことを受け、ホームゲームとなったこの試合前に黙祷を実施した。アジアサッカー連盟ならびにサウジアラビア代表との同意も得て行われたセレモニーだったが、サウジアラビア側は「我々の文化にはない」として行動では同調しなかった。

 オーストラリアのスターティングイレブンがハーフウェーライン付近に整列して肩を組み、犠牲者に哀悼の意を捧げた。一方のサウジアラビアチームの11人は、試合に向けてそれぞれのポジションに散ってフォーメーションを組んだ。

 SNS上では、オーストラリアや英国のサッカーファンからの非難が相次いだが、サウジアラビアの一部ファンからは死者を尊重して静かな時間を作ることは、イスラムの文化にはないと反論もあったという。

「心からのお悔やみ」との声明を出すことに

 そしてサウジアラビアサッカー連盟は、試合後に「サウジアラビア代表メンバーが、正式に1分間の黙祷を守らなかったことを謝罪する。サウジアラビアサッカー連盟は、テロリズムと過激主義の全ての行為を非難し、全ての被害者の家族、そして英国の政府と国民に心からお悔やみを申し上げます」との声明を発表する事態になった。

 試合はオーストラリアが3-2で勝利し、日本、オーストラリア、サウジアラビアの3チームが勝ち点16で並び、日本が得失点差で首位をキープした。また、この結果により日本と13日に中立地イランで対戦する5位のイラクは、3位以内に入る可能性が消滅して敗退が決定している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/9(金) 13:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新