ここから本文です

【9日のセ・パ交流戦結果その2】オリ・ロメロサヨナラ弾、ロッテ・涌井2勝目、広島6連勝

6/9(金) 22:07配信

ベースボールチャンネル

〇広島12-3楽天●(Koboパーク宮城) 1位対決

 広島が打線爆発で破竹の6連勝を飾った。

美人すぎる女子プロ野球選手特集【加藤優】

 2回、広島は先頭の鈴木が二塁打で出塁すると、バティスタ・西川の適時打、西川の本盗で3点を先制。3回には菊池・丸の安打、安部の四球で一死満塁のチャンスを作ると、バティスタの押し出し死球、松山の2点適時二塁打でこの回も3点を加え、楽天先発・戸村をKOした。

 広島はその後も攻める手を緩めず、8回には一死満塁のチャンスを作り、鈴木の走者一掃二塁打、安部の適時打で4点を加え、9回には西川の適時三塁打、田中の犠飛で2点を加えリードを10点に広げた。

 投げては、1軍に復帰した昨季沢村賞のジョンソンが6回2失点と試合を作り、今季初勝利を手にした。

 敗れた楽天は、腰の張りで登板回避となった塩見の代役・戸村が3回途中5失点で降板するなど投手陣が振るわず、2位・ソフトバンクに0.5ゲーム差まで迫られてしまった。

〇オリックス4×-2中日●(京セラドーム大阪) 4位対決

 オリックスがサヨナラ勝ちでカード初戦を白星で飾った。

 4回、オリックス先発・西は先頭の大島に安打で出塁を許すと、藤井に適時二塁打を浴び1点を失う。

 その後の5回、オリックスは若月が四球で出塁すると、1番起用のマレーロが来日初となる本塁打を放ったと思われたが、本塁の踏み忘れで同点適時三塁打となりマレーロはアウトとなってしまった。

 そして、6回表、西は満塁のピンチで押し出し四球を与え1点の勝ち越しを許してしまう。しかし、その直後の6回裏、モレルが安打で出塁すると、武田が適時二塁打を放ち同点に追いついた。

 その後、両軍投手陣が粘りの投球を見せ試合は延長戦に突入したが、10回に試合が動いた。

 10回裏、中日4番手・田島から先頭の中島が安打で出塁すると、続くロメロがサヨナラ本塁打を放ち試合を決めた。オリックスは3番手・黒木が無傷のプロ3勝目を手にした。

 中日は投手陣が粘りの投球を見せていたが、最後は田島が力尽き連敗となった。

〇ロッテ6-1ヤクルト●(ZOZOマリンスタジアム) 6位対決

 ロッテが連日の2桁安打で連勝を飾った。

 初回、ロッテはサントスの安打、清田の四球でチャンスを作ると、パラデスの適時打、鈴木の今季第7号となる本塁打で4点を先制。そして、4回には角中の適時打、5回にはダフィーの適時打で1点ずつを奪い、ヤクルト先発・原樹理から計6点を奪った。

 投げては、先発・涌井が6回1失点と試合を作り、益田・松永・内と繋ぎ試合を締めた。涌井は4月15日の西武戦以来となる55日ぶりの今季2勝目を手にした。

 敗れたヤクルトは先発・原樹理が5回6失点と試合を作れず、打線も8安打を放つも1得点と繋がらず泥沼の9連敗となった。

ベースボールチャンネル編集部