ここから本文です

ひと回り年上の男性との恋。続けるべきか、見切るべきか?【40代お悩み相談】

6/9(金) 21:01配信

集英社ハピプラニュース

みうらじゅんさんと辛酸なめ子さんが、40代のお悩みに独自の視点で回答! 今回は「10年付き合っている年上男性。一緒になる気がない?」という方からのお悩みです。

辛酸なめ子&みうらじゅんの人生相談をもっと見る


【今月のお悩み】ひと回り年上の男性との恋。 続けるべきか、見切るべきか?

ひと回り年上のかたと、10年近くお付き合いをしています。ふたりともバツイチ同士ですし、私としては、いつか一緒に暮らせたら……と思っているのですが、あちらは、そんな気配はみじんも感じさせない雰囲気。この恋にはもう、見切りをつけるべきでしょうか。それとも……?(北海道・ちよ・48歳・会社員)


☆辛酸なめ子さんの回答
男性は60歳にもなると自分の生活リズムをくずしたくないのかもしれません。一緒に早起きできるというのをアピールしつつ、同棲することで災害や防犯、霊現象などの不安を半減できるメリットを伝えられればいいのですが……


☆みうらじゅんさんの回答
バツイチ「同士」ではあっても 「同志」とはかぎりません。 一度、結婚観のすり合わせを。

同じバツイチといっても、離婚をした途端に寂しくてしょうがなくなってしまう人と、身も心もすっきりして独身生活を謳歌し始める人と、大きく2つに分かれるような気がするんです。ちよさんは、どうですか? お付き合いしている男性と一緒に暮らせないなら見切るべきか……と悩んでいらっしゃるということは、少なくても後者ではない。寂しくてしょうがないわけじゃないにしても、結婚生活自体には悪い印象はなく、彼とだったらもう一度、やってみてもいいかなというところでしょうか。

一方、彼はといえば、そんな気配は「みじんもない」。とすると、独身生活を楽しんでいるタイプかもしれませんね。もしくは、結婚生活はもうこりごりだ、と考えている可能性もあると思うんです。

いや、彼がちよさんのことを大切に考えていない、ということではないですよ。10年もお付き合いが続いているんですから。ただ、彼は結婚という形式を取りたくないのかもしれない。そこにはきっと、何か理由があるはずです。例えば、恋人として女性とお付き合いするのは楽しいけど、生活をともにするのは勘弁と彼に思わせるような、何か事情があるのかもしれません。

これは、好きとか嫌いとかではなくて結婚観の問題のような気がします。だから一度、彼の結婚観を聞いてみてはどうでしょう。いきなり「あなたの結婚観は?」と聞くのもなんでしょうから、「そういえば、あなたはなぜ離婚したの?」って。その時にどう答えるかで、彼に結婚するつもりがあるか否かがはっきりすると思うんです。

ちよさんは「バツイチ同士」とおっしゃっていますが、離婚の理由は人それぞれでしょうし、おふたりのバツイチ歴が違うのだとしたら、結婚観に違いがあっても不思議ではありません。つまり、おふたりはバツイチ「同士」ではあっても「同志」ではないかもしれない。そこのところを確かめるためにも、やはり本人に聞いたほうがいいんじゃないでしょうか。
そこでもし、彼に結婚する気はないにしても、ちよさんとのお付き合いは楽しいから続けたいと思っているとしたら、ちよさんはどうですか? 彼のことが好きなのか、それともあくまでも結婚という形にこだわるのか。これは、ご自身の気持ちや考え方を見直すいい機会とも言えるかもしれませんね。僕なんかもそうですが、ふだんは仕事だなんだとつい時間に流されがちで、自分の人生観とか結婚観について考えることって、なかなかないですもん。

核心に触れるのは怖いからと、遠回しに彼に結婚をせっついたりするのはやめたほうがいいと思います。ふだんは鈍感な男もそういう時にかぎって察しがよく、「追われると逃げる」を決め込みかねませんから。彼とのお付き合いを続けるのかやめるのか。決定権を握っているのはあなたですから、彼の前では堂々としていてくださいね。


●NAMEKO SHINSAN:漫画家、コラムニスト。巫女的な感性でアイドル観察からスピリチュアルまで、あらゆる事象を取材。近著に『辛酸なめ子の世界恋愛文學全集』(祥伝社)などがある。

●JUN MIURA:イラストレーターなど。「マイブーム」「ゆるキャラ」など数々のブームを生み出す。ドキュメント映画『ザ・スライドショー/“レジェンド仲良し”の秘密』が公開。


取材・文/鈴木裕子(みうらさん)