ここから本文です

ミラン、18億円でスイス代表DFを獲得! 来季に向け3人目の戦力補強

6/9(金) 6:00配信

フットボールチャンネル

 現地時間8日、ミランはヴォルフスブルクからスイス代表DFリカルド・ロドリゲスを獲得したことを発表した。

本田は8得点で5位 セリエA日本人得点ランキング 1位は…

 ロドリゲスはミランと2020年までの契約を結んだようだ。また、ミランはヴォルフスブルクに対し1500万ユーロ(約18億円)の移籍金を支払う事になっている。

 先日、伊メディア『フットボールイタリア』で24歳のスイス代表DFは現地時間の6日に既にミラノに到着しメディカルチェックを受けていたと報じていた。

 2012年にチューリヒからヴォルフスブルクに移籍してきたロドリゲスはブンデスリーガで通算184試合に出場し22ゴール28アシストを記録した。また19歳でスイス代表デビューを飾って以降、チームの主力選手として45試合でプレーしている。

 これまでミランはスペインのビジャレアルからアルゼンチンDFマテオ・ムサッキオ、セリエAのアタランタからコートジボワール代表MFフランク・ケシエを獲得しており、ロドリゲスで来季に向け3人目の新戦力となった。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)