ここから本文です

レアルFW、やはり退団か。CL優勝直後に残留宣言も…代理人が移籍示唆「数日中に決断」

6/9(金) 13:13配信

フットボールチャンネル

 レアル・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタは、やはり退団することになるかもしれない。代理人を務めるフアンマ・ロペス氏が、仏メディア『フットメルカート』で語った。

3位C.ロナ、2位ベイル、1位は…移籍金歴代トップ10

 モラタはチャンピオンズリーグ(CL)決勝で古巣のユベントスを下して優勝を遂げた直後のインタビューで「間違いなくイタリアには行かないだろう。僕はここに残りたいと思っている」と発言。マドリー残留を宣言したが、ロペス氏はモラタの移籍を示唆している。

「アルバロはもっと重要な役割を担ってプレーしたいと思う選手だ。彼はもっとたくさんプレーしたがっている。19得点も決めた(※実際は20得点)のだから当然のことだ。これは十分ではない」

 モラタは今季の全公式戦で43試合に出場し、20得点を記録。しかしフル出場はわずか6試合のみで、出場時間が20分以下だったのは実に18試合もある。

 マドリー残留について問われたロペス氏は、「それは分からない。マドリーにとっては多くのタイトルを獲得した素晴らしいシーズンだった。選手は数日中に最終的な決定を下すだろう。私はまだマドリーのディレクター陣とは会っていない」と、去就はいまだ不明確であることを明言している。

 モラタにはチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルなどのクラブが獲得に興味を示していおり、特にミランが強い関心を抱いていたが、ロペス氏は「(ミランからの関心について)それは存在していたし、現在も存在する。そして、同じように素晴らしいチームが彼に興味を示している」と、いまだその可能性があると語っている。

 この夏の移籍市場で注目を集めているモラタだが、最終的にどのような決断を下すのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ