ここから本文です

「仲間に満足できなかったのかも」。バイエルンのエース、得点王を逃したのはチームのせい?

6/9(金) 18:05配信

フットボールチャンネル

 バイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レバンドフスキは、ブンデスリーガの得点王を逃したことに不満があるようだ。同選手が母国ポーランドで話したことを『ESPN』などが伝えている。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 2016/17シーズンのブンデスリーガは、ボルシア・ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンが得点王になった。30ゴールを決めたレバンドフスキは、1ゴール差で2位に終わっている。

 「もう何とも思っていないけど、最初はがっかりした」と、レバンドフスキは語った。その理由を「チームメートの助けに対して、完全には満足できていなかったのかもしれない。最終戦のあとは怒りもあった。それが僕のフィーリングだった」と述べている。

 ブンデスリーガで2度の得点王を経験しているレバンドフスキ。最終節のキックオフ前は得点ランクのトップだったが、オーバメヤンが2ゴールを挙げたため、レバンドフスキは2位に転落していた。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)