ここから本文です

魚にも「意識高い系」はいる? ドワンゴ人工知能研究所の研究者たちは話題の「AI小説」をどう読んだのか?

6/9(金) 6:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 2017年4月某日。人工知能の世界で最前線を走る3人によるAI鼎談が行われた。集まったのは、AIの未来とシンギュラリティを背景にしたSF小説『エクサスケールの少女』を上梓した作家のさかき漣さん、ドワンゴ人工知能研究所所長の山川宏さん、玉川大学脳科学研究所教授の大森隆司さん。まずは、本の感想を語り合うところから、鼎談は始まった。

大森隆司氏(以下、大森) 『エクサスケールの少女』を送っていただいて、読み始めたら2ページ目に、「『価値システム』を作らなければ(良心のシンギュラリティは来ない)」と書かれていて、衝撃的だったんです。それで本気で読まなければと思って。『価値システム』という、私個人の問題として研究していることに直撃だったので引き込まれました。ストーリー展開も面白くて、うわー、日本を潰している(笑)と、楽しみながら読ませていただきました。

さかき漣氏(以下、さかき) 私は読者を「景色が千変万化するジェットコースター」に乗せている、みたいに書くのが好きなんです。途中の怒涛の展開にみんながついてくるのが大変なのだけれど、怖いもの見たさで最後まで読見切らせる、というのを目指しています。

大森 まさにそんな感じでした。

さかき 大森先生に本をお送りしたのは、いろいろな先生から、大森先生と私の考えが似ていると伺っていたからなんです。なので、必ずお送りしようと思っていました。Face bookでおほめのことばをいただいて、とてもうれしかったです。

大森 こちらこそありがとうございました。

山川宏氏(以下、山川) 人工知能がどういうふうに社会において役に立つのだろうかということはずっと考えていたので、それが小説のテーマに取り上げられているのが重要だと思いました。うちは「全能アーキテクチャ」という、脳に学ぶことをやっていて、コネクトームを使っています。コネクトームというのは脳の中の結合構造ですが、小説の中でその解明を、という話が出てきて、ちゃんとそこまで書いてあることが非常に面白いなと思いました。

1/4ページ