ここから本文です

同じクルマでタイヤだけを変えるとどうなる? 日産セレナでブリヂストンの「ちゃんと買い」を実際に体験!

6/9(金) 16:16配信

clicccar

綾瀬はるかさんのCMでおなじみになっているブリヂストンの「ちゃんと買い」キャンペーン。皆さんもテレビなどでよく目にしていると思います。この「ちゃんと買い」を実際に体験する機会が与えられました。試乗車両として用意されたのは日産のセレナで、そこに3種のタイヤが装着されています。装着されたタイヤは以下のとおりです。
1.エコピアNH100RV(標準タイプ)
2.ネクストリー(性能ダウンタイプ)
3.レグノGRVII(IIはローマ数字の2)

【この記事に関する関連する別の画像を見る】

1のエコピアでテストコース内を走ると、知っているセレナらしい乗りやすいフィーリングでコーナーをトレースできます。


びっくりしたのは2のネクストリーで走ったときです。走り出しは抵抗感がなく、スッキリと前に出ていきますし、ノイズもさほど感じないでいいタイヤ感があります。エコピアで走ったときと同じ速度でコーナーに進入すると、エコピアよりもシャープにクルマがインを向いていきますが、コーナリング中盤から一気に表情を変えます。
限界が訪れたかのようにタイヤが悲鳴をあげ、ずるずると滑り出してしまうのです。もちろん危険な滑り方をするわけではありませんが、コントロールから外れてしまうのです。ステアリングを戻して、アウトにレーンを替えることはできますが、切り増してインに行くことはできません。余裕がない……のがネクストリーの印象でした。試乗後にタイヤをチェックするとトレッドだけでなく、サイドウォールまで接地していることがわかりました。



では上位となるレグノGRVはどうでしょう。これがびっくりするくらいにいいタイヤです。コーナーでの粘り具合はエコピアよりも高く、ググッとグリップします。ラインを変更したときの正確さもあります。さらに驚かされるのは、その快適性の高さです。乗り心地もノイズもワンランク上でした。


実際に乗り比べたら、最低でも同ランククラスのタイヤを買うことが大切なことがよくわかりました。とくに車重があり重心も高いミニバンはタイヤの差がよく現れます。そしてちょっと余裕があれば、やっぱりレグノを買ってしまいそうだなとも感じたのもまた事実です。

私たちはいろいろと乗り比べる機会がありますが、一般の人はなかなか乗り比べることができないのがタイヤ。どこかで機会を作って乗り比べてられないといけいかも……と感じました。

(諸星陽一)

最終更新:6/9(金) 16:16
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)