ここから本文です

強すぎるN-BOX、モデル末期でも売れまくり。2017年5月軽自動車セールスランキング

6/9(金) 7:03配信

clicccar

全軽自協会(一般社団法人 全国軽自動車協会連合会)より、2017年5月の軽四輪車 通称名別新車販売速報が発表されています。

5月後半には2017年秋のフルモデルチェンジを公表したホンダN-BOXですが、モデル末期とは思えないほどの好調ぶりで、トップをキープしています。



●2017年5月 軽乗用車販売ランキング(軽自協調べ・速報)
1位 ホンダ N-BOX 13,118台(前月1位)
2位 ダイハツ ミラ 10,562台(同10位)
3位 ダイハツ ムーヴ 10,448台(同2位)
4位 日産 デイズ 10,198台(同5位)
5位 ダイハツ タント 9,868台(同3位)
6位 スズキ ワゴンR 8,807台(同4位)
7位 スズキ スペーシア 7,747台(同6位)
8位 スズキ アルト 7,447台(同7位)
9位 ホンダ N-WGN 5,317台(同9位)
10位 スズキ ハスラー 5,211台(同8位)

安定のトップといえるN-BOXに続くのは、5月にフルモデルチェンジを果たしたダイハツ・ミラ(ミライース)。前月10位からの躍進により、他モデルは一つずつ順位を落とした格好になっています。

その中でも伸び悩みが目立つのはスズキ・ワゴンR。2月のフルモデルチェンジ効果がはやくも薄れてきているのでしょうか。

なお、ホンダS660、ダイハツ・コペンといったオープン2シーターの人気も落ち着いてきていますが、前月はS660(257台)のほうがコペン(216台)より売れていましたが、5月はS660の163台に対してコペンは200台とついに逆転しています。



(山本晋也)

最終更新:6/9(金) 7:03
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)