ここから本文です

ついに検察審査会が動きだす 元TBS記者の準強姦 起訴の可能性は

6/9(金) 8:00配信

デイリー新潮

■ついに女性が顔出し会見で告発!  検察審査会が動き出す総理ベッタリ記者の「準強姦」(下)

 官邸に近い警視庁刑事部長によって握り潰された、山口敬之・元TBSワシントン支局長(51)の準強姦逮捕状。ついに被害女性・詩織さん(28)が顔出し会見で告発を行い、事件は新たな局面を迎えている。

 意識不明の詩織さんを毒牙にかけた後も、彼女からのメールに対し、山口氏は〈あなたは床に吐いたゲロの上で寝込んでいました〉〈勝手に行為に及んだというのは全く事実と違います〉と不誠実な対応を続けた。

 ***

 やり取りを続けながら、詩織さんは警察に告訴状を提出する機会を窺っていた。それが高輪署に受理されたのが2015年4月30日で、そこから両名を乗せたタクシー運転手やホテルのベルボーイの証言、防犯カメラの映像などの証拠が揃い、6月4日までには準強姦容疑で逮捕状が発付。8日、山口氏が米国から成田空港へ到着するタイミングで逮捕する算段だったが、その寸前で中止されたのだった。空港へ詰めていた捜査員から彼女に電話が入る。

「今、目の前を山口が通過していきましたが、上からの指示があり、逮捕をすることはできませんでした。私も捜査を離れます」

「上」とは他ならぬ中村格(いたる)・警視庁刑事部長(当時)である。社会部デスクが、

「昭和61年警察庁入庁組の出世頭です。菅さん(義偉・官房長官)の秘書官として得意の危機管理能力を発揮し、絶大な信頼を得ました。官邸を離れた今も1日最低1度は菅さんと連絡を取り合う間柄なのです」

 と評し、官邸の守護神として君臨する中村氏ご当人に、本誌(「週刊新潮」)は捜査中止の理由を質している。

■「捜査の指揮として当然」

――安倍首相や菅長官の意を受けてのことか。

「ありえないですよ」

――現場の複数の捜査員が極めて異例のことと認識している。逮捕状が出ていた。

「具体的には申し上げませんけど、あの、これは相当、誤った情報です。はい」

――逆になぜ現場の捜査員たちがそう思ったのか? 

「……それは捜査自体のそれぞれの判断が、それぞれの立場であったはずですよ」

――中村さんが忖度をしたということはないですか? 

「ありえません。私は山口さんなんて普通、知りもしないし」

――ではなぜ、捜査の中止を命じられたんですか? 

「捜査の指揮として当然だと思います」

――合理的な理由があったということですね? 

「それは事件の中身をご覧になられたらわかります」

――随分記憶には残っておられるということですね? 

「まあ、あのう、非常に、捜査としては適切な方向に、自分として判断した覚えがあります」

――山口氏の当時の立場が問題だったんですかね? 

「違います。事件の中身として、私が判断(した)」

1/2ページ

最終更新:6/9(金) 8:00
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。