ここから本文です

月160時間超の残業で倒れ、急性白血病に…仕事を抱え込む性格が起こした悲劇

6/9(金) 9:00配信

週刊SPA!

 誰もがふと口にする「死ぬほど忙しい」というセリフ。単なる挨拶代りのこともあれば、実際に過労死寸前という場合もある。SPA!が35~45歳の男性サラリーマン1979人を対象にアンケートを取ると、実に8割以上が忙しさを実感していることが判明。では、なぜこんなにもアラフォー会社員は激務を強いられるのか?

◆仕事を抱え込む性格で急性白血病を発症

 コンサルティング会社でマネジャーを務める藤川洋一さん(仮名・40歳)は、半年前、急性リンパ球性白血病を患った。

「昨年秋ごろ、首都圏を中心に展開を始めた外食チェーンのコンサルティングを手掛けていたのですが、社員教育から新メニュー開発、新規出店など総合的な経営戦略に携わっていました。食の安全問題でコンプライアンスが問われるなか、慣れない衛生管理法の勉強も並行してやっていたので、毎日始発が出るころまで働いて9時に出社。残業は160時間超でした」

 肉体的にも精神的にも疲労は極限状態。微熱を伴った倦怠感が1週間ほど続いたある日、風呂の中で失神。そのまま救急車で運ばれ入院、件の病名が告げられた。医師の説明によると、睡眠不足による免疫低下が招いたもので、入院が遅ければ手遅れになったという。

「すべて自分で抱え込んでしまう性格が災いしました」

 文字通り忙殺されかけた藤川さんは休職中の現在、化学治療の通院を続けつつ人生を模索している。

― 死ぬほど忙しいの正体 ―

日刊SPA!

最終更新:6/9(金) 9:00
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2017年8月15・22日合併号
08月08日発売

¥440

・[東京VS地方]貧困のリアル
・[情弱ビジネス]騙しの最新手口11連発
・[神戸5人殺傷事件]報道できない裏側
・猛暑の[悪臭スポット]を測定してみた