ここから本文です

高杉真宙「京都で青春することができて楽しかった」 葵わかな「ちょっとでも京都らしさが出ていれば」

6/10(土) 19:45配信

エンタメOVO

 映画『逆光の頃』の完成披露上映会が10日、東京都内で行われ、出演者の高杉真宙、葵わかな、清水尋也、小林啓一監督が登壇した。

 本作は、フィギュア「コップのフチ子」の原案者でもあるタナカカツキ氏の同名漫画から、「僕は歪んだ瓦の上で」「銀河系星電気」「金の糸」の3編とオリジナル部分を実写映画化したもの。京都を舞台に、日常と非日常、夢と現実、双方の世界を行き来する少年・赤田孝豊(高杉)のゆらめきやきらめきを描く。

 京都の美しい街並みが印象的な本作。高杉は「京都にいる時間が長くて、最初は“観光に来た男の子”みたいでしたけど、なじんでいくうちに『現地の子みたいになってきたね』と言われたのがうれしかったです。尋也と葵さんと京都で青春することができて、自分の青春時代とすり替わっているぐらい楽しかったです」と語り、笑顔を見せた。

 また、葵は京言葉について「(言葉のトレーニングは)大体リハーサルの段階までに全て終えますが、この映画では撮影が終わる前日まですっと練習をしていました。それだけ刷り込んだので、ちょっとでも京都らしさが出ていればと思います」とアピールした。

 一方、『渇き。』でも高杉と共演した清水は「僕が初めてお芝居をさせていただいた時に、ご一緒させていただいたので、(今回の)現場でお芝居をしていると懐かしさや原点に帰った気がしていました」と語った。

 高杉も「そうなんですよ。久しぶりにせりふで言葉を交わしたなと」とコメント。宿も一緒だったそうで、高杉は「(清水は)ギターの練習をしていて、ずっと横から聞こえてきていました」と振り返った。

 映画は7月8日から新宿シネマカリテほか全国順次公開。

最終更新:6/13(火) 13:44
エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!