ここから本文です

鮮やかなオレンジ色!今夏はタイの定番ミルクティーを味わおう

6/10(土) 16:18配信

東京ウォーカー

鮮やかなオレンジ色が特徴のタイで定番のミルクティー。

コーヒービーン&ティーリーフは、夏季限定のドリンク「オリエンタル タイティー アイスブレンディッド(Oriental Thai Tea Ice Blended drink)」(Regular税別580円、Large税別660円)と 「オリエンタル タイティー ラテ(Oriental Thai Tea Latte)」(Regular税別530円、Large税別580円)を、国内各店舗で6月15日(木)から期間限定で発売する。

【写真を見る】「オリエンタル タイティー ラテ(Oriental Thai Tea Latte)」(Regular税別530円、Large税別580円)のアイス

今夏の新商品は、夏らしい鮮やかなオレンジ色が特徴の「タイティー」をアレンジしたビバレッジ。タイティーは、高発酵させた紅茶と、スターアニスなどの数種類のスパイス、コンデンスミルクを加えてつくる、タイでは非常にポピュラーなミルクティーのこと。

今回は、ミルクと相性の良いアッサムティーをベースに、オリジナルブレンドのタイティーフレーバーと、アクセントにコンデンスミルクを合わせた、それぞれ個性のある3種のタイティーがラインナップされた。

「オリエンタル タイティー アイスブレンディッド」は、濃く抽出したアッサムティーに、オリジナルのタイティーフレーバーを合わせ、白いラインはコンデンスミルクで、アクセントとして甘みとコクをプラス。上から絞ったホイップクリームを混ぜ合わせれば、更にミルキーになり、冷たい夏のデザートドリンクとして格別の一杯となる。

「オリエンタル タイティー ラテ」のアイスは、アイスティーラテとアイスフォームミルクをツートーンの層にするという方法で仕上げた。そのまま飲むと、下部は濃いアッサムティー、上部はふわふわのフォームミルクをそれぞれ味わうことができるが、この2層を混ぜることにより、3度の味の変化が楽しめる。

「オリエンタル タイティー ラテ」のホットは、ホットならではのタイティーフレーバーのスパイスの香りと味を強く感じる仕上がりになっていて、夏でも飲みたいスパイシーなドリンク。思わず写真を撮りたくなるフォトジェニックな見た目と色合いに、飲めば飲むほどクセになる、甘くスパイシーな味わいとなる。

今夏は、タイでバケーションを楽しむようなリッチなティータイムを過ごしてみてはいかが。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:6/10(土) 16:18
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

最高の休日を過ごしたい
シアワセを生む睡眠
パリ発の“紙”ブランドとは?
BEST of 美術展