ここから本文です

【都丸紗也華スペシャルグラビア】Fカップの威風堂々――いつも「眠そう」って言われちゃうんです。

6/10(土) 15:00配信 有料

サイゾー

 お嬢様から淑女へ。6つの年齢を演じきった都丸紗也華は、「私はこんな上品ではなかったですよ」と笑う。現在20歳の彼女はこれまで、常に「大人っぽい」と言われ続けてきた。

「年上に見られるのがイヤでした。早く大人になりたいとはまったく思わなくて、いつまでもピチピチでいたくて。20歳になって変わったのって年金を払うようになったことくらいですし(笑)」

 そんな彼女の目下の悩みは、いつも「眠そう」だと言われること。

「しょっちゅう『眠いの?』って聞かれるんです。確かに、実際に眠いときもあるんですけど(笑)」

 なんともおっとりとした雰囲気で語る都丸。過去を振り返っても、「あまり覚えていない」のだとか。

「たぶん普通の毎日だったと思うんですけど……。あ、でもずっとピアノを習ってました! 将来はピアノの先生か幼稚園の先生になると思ってましたね。あと、あまり外食しない家だったんですけど、誕生日のときだけはレストランに行けるのがうれしかった記憶があります」

 楽器が好きだった彼女は、中学生になると吹奏楽部に入る。

「やってたことだけみると、お嬢様っぽいですね(笑)。パーカッションとバスクラリネットを担当していて、コンクールに向けて3年間ガチでやってました」

 芸能の世界へ足を踏み入れたのも、ちょうどこの時期。渋谷でいまの所属事務所に声をかけられたのがきっかけだ。本文:2,091文字 この記事の続きをお読みいただくには、サイゾーpremium for Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    432円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    378円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:6/10(土) 15:00
サイゾー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サイゾー

株式会社サイゾー

2017年12月号
11月17日発売

定価980円

【視点をリニューアルする情報誌】
第1特集:タブー破りの映画
第2特集:激写!GカップJKグラビア
第3特集:破局の紗栄子、反撃!?