ここから本文です

なでしこJ、“新エース”横山が鮮烈な決勝ミドル! 敵地でオランダを1-0と撃破

6/10(土) 8:03配信

Football ZONE web

守備陣も集中切らさず、アルガルベ杯で2-3と敗れた相手に勝利

 なでしこジャパンは現地時間9日に、国際親善試合の敵地オランダ戦に臨み、途中出場のFW横山久美(長野)の鮮やかなミドルシュートが決勝点となり、1-0の勝利を収めた。

【全選手写真付き】世界の女子サッカー美女ベストイレブン!なでしこジャパンもランクイン

 前半、日本は立ち上がりにチャンスを作った。同4分、高い位置を取ったボランチのMF猶本光(浦和)が相手と競り合いながらスルーパスを出すと、MF中島依美(INAC)が完全に抜け出してGKと1対1になった。しかし、GKに意識を持ちすぎた中島は背後から戻った相手DFにボールを奪われ、絶好のチャンスを逸してしまった。

 その後は欧州選手権を控えてチームを仕上げているホームのオランダが押し気味にゲームを進め、エースFWミーデマが再三にわたって日本ゴールを脅かすシュートを放ったが、GK山下杏也加(日テレ)の好セーブもあり無失点で乗り切った。試合はスコアレスでハーフタイムを迎えた。

 後半に入ると日本が主導権を握る。高倉麻子監督は同14分に2枚替えを決断し、横山とMF中里優(日テレ)を投入した。すると、3月の国際大会アルガルベカップで得点王を獲得した横山がいきなり結果を残す。

 同17分、縦パスを受けた横山は鮮やかなターンで背後の相手DFをかわして右にボールを持ち出すと、そのままゴール正面から強烈なミドルシュートを放った。右足アウトサイドにややかかったシュートは、GKにとってノーチャンスのゴール右上スミに突き刺さった。7月からドイツ女子ブンデスリーガのフランクフルトへ期限付き移籍が決まっているなでしこの新エースが、このオランダ戦でも強烈な得点力を見せつけた。

14日にはベルギーと対戦

 その後は両チームともに選手交代を多くしながら戦力もテスト。オランダは同26分に右サイドから切り込んでのラストパスにゴール前で合わせる決定機を迎えたが、山下が再びファインセーブを見せた。同41分には相手FWに完全に抜け出されたところを、全力で戻った右サイドバックのDF大矢歩(愛媛)が決死のタックルでシュートを許さずゴールを守り切った。アルガルベカップでは2-3と敗れたオランダに対し、敵地で1-0の勝利を収めた。

 欧州遠征第1戦を勝利したなでしこジャパンは、14日に敵地でベルギーとの親善試合が予定されている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/10(土) 8:03
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新