ここから本文です

【10日の交流戦結果その2】オリ・マレーロ来日第1号、ロッテ・二木4勝負けなし、ハム・中田決勝打

6/10(土) 21:10配信

ベースボールチャンネル

○オリックス 5-3 中日●
 中日は4回に荒木の三塁打で無死三塁とチャンスを作るが、オリックス先発の松葉が三者連続空振り三振でピンチをしのぐ。オリックスはその裏に前日、本塁踏み忘れで本塁打が取り消しとなったマレーロが正真正銘の第1号を5階席に叩き込み先制。5回にも追加点を挙げるが、7回に中日のビシエド、ゲレーロの連続本塁打で同点に追いつき、続けてチャンスを作り、代打亀澤の中前適時打で勝ち越す。しかしオリックスは8回裏に中島の右翼線への逆転2点適時打と小谷野の犠飛で3点を加え試合を決めた。

パリーグ6球団のチアがパフォーマンスでファンを魅了!

○ロッテ 4-1 ヤクルト●
 1-1で迎えた6回裏にロッテは田村がこの日2打点目となる、強風を切り裂く適時三塁打を右中間に放ち、サントスには一二塁間を破る適時打が飛び出し2点を勝ち越しに成功。7回には三木に右前適時打が飛び出し3点差とする。ヤクルト打線は走者を出すも、打線がつながらずに、ロッテ先発の二木から1点しか取れず。ロッテは松永、内の継投で逃げ切り3連勝を手にした。二木は4勝0敗と絶好調。一方のヤクルトは10連敗と泥沼だ。

○日本ハム 3-2 巨人●
 日本ハムは初回に先頭打者の大田が先頭打者弾を放ち、古巣に恩返しをする。しかし、その後は巨人先発の田口、日本ハム先発のメンドーサ共に好投。6回まで得点が動かない展開となった。しかし、7回に阿部、村田が出塁し犠打で二三塁とすると、クルーズの遊ゴロを中島が本塁に送球エラーで巨人が2点を入れ逆転に成功する。日本ハムは8回裏に1死一三塁とチャンスを作ると、3番に“降格”した中田がマシソンから左中間へ逆転の適時二塁打を放つ。9回は増井が抑え、連敗を6で止めた。

ベースボールチャンネル編集部