ここから本文です

チェルシー監督からコスタへの“戦力外メール”が流出 「私のプランに君は含まれていない」

6/10(土) 16:57配信

Football ZONE web

英BBCが“本物”と認定、コンテ監督との冷え切った関係が明らかに…

 チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタは今季リーグ戦20得点の活躍を見せ、2季ぶりのリーグタイトル獲得に大きく貢献した。しかし、ここに来てアントニオ・コンテ監督との確執が表面化しており、その裏付けとなるようなメールのやり取りも確認されている。英公共放送「BBC」が報じた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 シーズン中から二人の関係は冷めたものだと報じられてきたが、シーズンも終了し、来季に向けた動きが始まるなかで決定的な証拠と言えるメッセージのやり取りが明らかになった。

 コスタは現地時間7日に行われたコロンビア代表との親善試合後に、「コンテに僕を来季の戦力として数えていないと言われた」と衝撃の告白。スペイン紙「AS」も、コンテ監督はコスタにテキストメッセージで「来季の私のプランに君は含まれていない」と戦力外を突きつけたと報じていた。

 さらに「BBC」では、「AS紙が一番にレポートしたコンテからコスタへのメッセージの内容について、BBCも間違いないことを確認した」と、証拠として裏付けを取ったと報道している。

ミラン移籍も浮上するFWの新天地は?

 記事によれば、一連の流れはまずコンテ監督が休暇に入る選手たちそれぞれに激励のメールを送ったところから始まる。コスタはジョークを交えて返信すると、それに対してコンテは「やあ、ジエゴ。お元気ですか。素晴らしいシーズンを過ごすことができて感謝しています」と定型文的な挨拶の後に、「来季の幸運も願っていますが、私のプランに君は含まれていません」と非情なメッセージを送った。コスタは同僚に、この内容を見せたという。

 監督との関係は完全に冷え切っており、2014年から3シーズンにわたってチェルシーの攻撃をけん引したストライカーは、青のユニフォームに別れを告げる瞬間が近づいているようだ。ミラン移籍の可能性も浮上する28歳は、今夏の移籍市場でキャリアの大きな転機に立たされている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/10(土) 16:57
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新