ここから本文です

長友が今季「セリエAワースト11」に選出 伊メディア酷評「大災害もたらした」

6/10(土) 21:46配信

Football ZONE web

衝撃的なミスで地に落ちた評価…「酷いパフォーマンスだった」

 日本代表DF長友佑都は、7日のシリア戦(1-1)で今野泰幸の同点ゴールをアシストするなど、左サイドバックとしてフル出場を果たした。改めて存在感を示す形となったが、イタリア・セリエAでは不名誉な称号を獲得してしまった。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 イタリア衛星放送局「スカイ・スポーツ」は、シーズン終了後に期待外れだった選手を厳選した「ワーストイレブン」を選出。長友は「左サイドバックとして“大災害”をもたらした」として、名を連ねてしまった。

 長友はシーズン序盤にリーグ戦の出場機会に恵まれず、UEFAヨーロッパリーグ(EL)を中心に出場。4月の第32節ACミラン戦(2-2)からようやくリーグ戦での出場機会を得た。しかし、そこでのパフォーマンスが低調だったと見なされ、ワーストイレブン入りとなったようだ。

「ロンバルディア州で最も優秀なクラブは、ミラノ勢ではなくアタランタだった。したがって、この最終ラインの左サイドには、30歳の日本代表選手を選ぶことになる。献身的な姿勢は評価に値するが、セリエAでもヨーロッパリーグでも“大災害”をもたらした。ナポリ戦の大混乱は良い例だ。(ヨーロッパリーグの)サウサンプトン戦でもインテルの冒険を終焉に導くオウンゴールを犯し、酷いパフォーマンスだった」

 長友は4月30日のリーグ第34節ナポリ戦(0-1)で、逆サイドからのクロスに目測を誤り、相手にパスをしてしまう衝撃的なクリアミスで決勝ゴールを献上。昨年11月のELサウサンプトン戦(1-2)でもクロスの処理を誤り、左太ももに当たったボールが無情にもゴールラインを越えた。2つの大会での衝撃的なミスにより、期待外れの烙印を押されることになった。

伊メディアが選ぶ「ワーストイレブン」は?

 インテルは来季に向け、今季ASローマを率いたルチアーノ・スパレッティ監督が指揮を執ることが濃厚とされている。長友とインテルの契約は2019年6月まで。同じセリエAの対戦相手として長友のプレーを見てきた指揮官は、イタリアメディアから酷評を受ける背番号55に対してどのような判断を下すのか。30代で初めて迎える今夏の移籍市場は、キャリアの大きな分岐点となりそうだ。

「スカイ・スポーツ」によるワーストイレブンは以下の通り。

GK
ヨシプ・ポシャベツ(パレルモ)
DF
マッティア・デ・シリオ(ACミラン)
ジェイソン・ムリージョ(インテル)
ガブリエル・パレッタ(ACミラン)
長友佑都(インテル)
MF
マルセロ・ブロゾビッチ(インテル)
リッカルド・サポナーラ(エンポリ→フィオレンティーナ)
レディアン・ムメシャイ(ペスカーラ)
FW
アルベルト・ジラルディーノ(エンポリ→ペスカーラ)
カルロス・バッカ(ACミラン)
マッシモ・マッカローネ(エンポリ)
監督
パウロ・ソウザ(フィオレンティーナ)

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/11(日) 0:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新