ここから本文です

マンU退団イブラに今年もドイツから珍ラブコール「初のブンデス制覇を」

6/10(土) 11:01配信

フットボールチャンネル

 マンチェスター・ユナイテッドが、FWズラタン・イブラヒモビッチの契約を延長しないことが分かった。これを受けて、またしてもヘルタ・ベルリンが動き出している。

昨夏ユベントスからマンUに移籍したポグバが1位に。その移籍金額は… 移籍金歴代トップ10

 シーズン終盤で負傷したイブラヒモビッチは、復帰までまだしばらく時間を要する見通しだ。そのため、クラブは契約延長オプションを行使せず、このままエースと別れることを選んだ。現地時間9日にプレミアリーグが発表した各クラブの退団選手リストで明らかになっている。

 FW原口元気の放出が濃厚とみられるヘルタは、昨年夏にもイブラヒモビッチに強い関心を寄せていた。どこまで本気だったかは定かでないが、クラブの公式ツイッターでイブラヒモビッチへの関心をユーモア満載に記していた。

 それから1年経ち、再びイブラヒモビッチがフリーとなる。これを受けてヘルタは、「マンチェスター・ユナイテッドとの契約はない。我々には素晴らしいファンがいる。ただ、キャッシュがないんだ。しかし、君は初めてブンデスリーガを制することができる」と、またしてもイブラヒモビッチにラブコールを送った。

 ヨーロッパの主要リーグでタイトルを手にしてきた35歳のイブラヒモビッチ。2016/17シーズンのブンデスリーガを6位で終えたヘルタに行くことは考えにくいが、今夏も同選手の周囲は騒がしくなりそうだ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)