ここから本文です

広島大、明治大他…授業料が免除・給付される主な大学

6/11(日) 16:00配信

マネーポストWEB

 家計の大きな負担となる教育費。特に大学にかかる費用は桁違いだが、学費“タダ”で大学や専門学校を出る方法も。

 防衛大学校や気象大学校などに代表される“大学校”は、学費がタダのうえ、給与まで支給される。志望や学力がマッチすればこうした学校を選ぶのも手だが、最近は選択肢が広がっている。看護系の専門学校では、卒業後に指定病院などで一定期間勤務すると奨学金が免除されるところも多い。さらに、独自の“給付型”奨学金を設ける大学や専門学校、奨学金返済を助成する地方自治体、企業が増えている。

 例えば、山形県には県内の高校などの卒業予定者・既卒者で、大学、大学院、高専卒業後6か月以内に県内に居住・就労し、3年間勤務した人には、就労4年目から、国の第一種奨学金の返済を上限124万8000円まで助成する「山形県若者定着奨学金返還支援事業」がある。その他、鳥取県、福井県、新潟県、鹿児島県などでも、地元に戻って働く若者を支援する同様の制度がある。
 
 探せばまだある“学費タダ”。もう、お金がないから大学行けないなんて言えないハズ。子供と一緒に考えて! 独自の奨学金制度を設ける大学が増えている。以下にその一部を紹介する。

〈授業料が免除・給付される主な大学〉

■愛知大学(愛知大学スカラシップ)
 前期、センター試験利用(5教科型)入試の成績上位者は授業料および教育充実費年額相当額を免除。

■石巻専修大学(特待生入試奨学生)
 特待生入試試験制度により入学が認められると、授業料と施設費が全額免除。

■国際医療福祉大学(特待奨学生制度)
 入学試験の成績上位者に対して、在学期間中の授業料の30~100%相当額以上の奨学金を給付。

■千葉科学大学(入試特待生制度)
 最長6年、最大115名が全学費免除(入学金除く)。

■中央学院大学(特待生・奨学生制度)
 成績優秀者に、入学金・授業料年額免除(AO入試「特待生」「スポーツ・文化」、推薦入試「特待生」、および一般入試、センター利用入試の合格成績優秀者に30万~最高130万円の納入金を免除)。

1/2ページ

最終更新:6/11(日) 16:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。