ここから本文です

レッズのサッカーと柔軟性【遠藤航・世界への大航海】

6/11(日) 11:00配信

BEST TIMES

「勝てる」という自信が生まれた根拠

 AFCチャンピオンズリーグ、ラウンド16セカンドレグ。ホーム、埼玉スタジアム2002で行われた済州との一戦。

 僕たちレッズがベスト8へ駒を進めるためには、最低でも3得点と無失点という命題がありました。1週間前のファーストレグ、アウェイの地で0対2と痛い敗戦を喫し、外から見れば突破はちょっと厳しいのではないか、という空気があったのかもしれません。実際、僕たち選手にプレッシャーがなかったかといえば噓になります。
 でも「レッズのサッカーをすれば勝てる」という思いをチームの誰もが持っていたこともまた確かでした。

 試合前、慎三さんが大きな声を出してチームを鼓舞しました。
「入りは大事にしようよ!」
 陽介さんは落ち着いて攻撃のポイントを整理します。
 モリ君や槙野君はいつものように明るく、力強く声を出し続け、僕は、「とにかく一点もやらない」その思いを胸にピッチに立ちました。
 果たして、3対0。大逆転ともいえるベスト8進出でした。

  この試合は、僕にとってレッズに来てからのベストマッチと言えるくらい強い印象を残しています。劣勢に対しあきらめることなく結果を覆したことや、普段は静かな慎三さんが短いながらも意志のこもった言葉でチームの雰囲気を作っていたこと、誰もがレッズのサッカーを信じていたことなど、その要因はさまざまですが、何より大きな手ごたえとなったのが「浦和のサッカー」がより質の高いものになっていくのではないか、と感じられたことでした。

自分たちのサッカーをベースにした柔軟性

 ファーストレグは警戒していたカウンターに屈しました。いくら「次は勝てる」と思っていたとしても、褒められた内容ではなかったと思います。敗戦という結果は、手ごたえや選手の気持ちとは別の方向へ、ずるずると流れていってしまうことも多々あります。昨シーズン、リーグ戦で3連敗を喫し、ACLベスト16敗退となってしまったのも同じころでした。

 違ったのは「勝てる」という自信の中身でした。

「レッズのサッカーをとことん追求し、精度を上げていけば結果はついてくる」といった、(言い方は悪いかもしれませんが)これまでのような、ただ「自分たちを信じる」ことから生まれるものではなく、「相手を見据えたうえで、どういうふうにすればレッズのサッカーの良さを出していけるか」をしっかりと分析し、体現できると考えたうえで生まれたものだったのです。

 試合前に選手たちで共有していたことは「縦パスを打ち込みすぎないこと」「ボールを奪われたあとの切り替えを速く」といった、アウェイ戦にピッチレベルで感じたことへの「対応」でした。具体的には、長いボールを両ウィング、シャドーの選手へ送り、セカンドボールを拾ってチャンスにつなげる。そこから勝機を見出そうとしたわけです。他にも、今の時間はブロックを引いて守ろう、といった意識がチーム全体に共有されていました。

  ただ、僕にとって重要なことは、実際にどう対応したか、という部分ではなく、勝利のために「対相手」を意識し、修正できたことです。

 そこにあるのは、ひと言でいえば柔軟性だろうと思います。
 サッカーには常に相手がいる。だから、レッズの素晴らしいサッカーを体現していく中でも、対相手を意識し、微妙な変化を加えることは不可欠です。 
 自分たちのサッカーをベースにした、その上に相手に応じたサッカーを選択していく。その「柔軟性」を持ち、なおかつ結果を出すことができたのが今回の済州戦だったわけです。

 レッズに移籍してきたのはレッズのサッカーへの憧れがあったからです。攻撃的なスタイルを確立していくチームに身を置けばより成長できるだろう、と思っていました。実際、それは正解でした。一方で、それまで僕が経験してきた、レッズとは違うサッカーを還元していきたいという思いもありました。その思いは1シーズンプレーをしたことでより強くなっています。

増えた会話がもたらした変化

 今年のチームは、選手同士で例えば「守り方」についてなど、相手に応じたプレーについて話すことが増えました。
 「試合、映像でみた?」「あそこ、次はこう対応したほうがいいよね」といった具合です。
 小さなことですが、そうした日々が、柔軟性を育んでいったのではないかと思います。

 リーグ戦も前半戦を終えようとしています。アントラーズやエスパルス、先日のレイソルもそうですが、結果を出せなかった相手に対してどういう修正を加え、レッズのサッカーの良さを出し、結果につなげるか。

 僕たちは、これからです。

写真:アフロ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。