ここから本文です

コラム「司令塔不在の危機にある今、日本は新たな強みを発見できるか!?」

6/11(日) 18:35配信

SOCCER DIGEST Web

“もうひとつのベスト”を持たざる者は苦しい戦いを強いられる

 本誌「サッカーダイジェスト」で、「日本代表の攻撃ベストユニットは?」という質問に答えるかたちでの記事を書いた。

【写真】シリア戦を彩った「美女サポーター」たち


「CFは岡崎慎司、左FWは原口元気、右FWは久保裕也、トップ下は香川真司」

 それが筆者の回答だった。

 もっとも、「ヴァイッド・ハリルホジッチが率いるチーム」という前提があるわけで、指揮官が好んで用いている選手をベストとするのは、至極当然だろう。それ以外のオプションはあまり考えられない。岡崎を大迫勇也に代えたりする選択肢はあるのだろうが、路線として大きく違わない。

 しかし、来夏に行なわれるロシア・ワールドカップ本大会の戦いを考えた場合、ハリルホジッチのベストユニットだけでは、日本は一敗地にまみれるだろう。

 異なるユニット、異なる得点パターンを持っているか?――。サッカーの世界においては、“もうひとつのベスト”を持たざる者は、苦しい戦いを余儀なくされるはずだ。

 2010年の南アフリカ・ワールドカップで悲願の初優勝を飾ったスペイン代表は、そのひとつの好例と言えるだろう。

 その基本的な戦い方は、ジェラール・ピケ、カルレス・プジョル、セルジ・ブスケッツ、シャビ、アンドレス・イニエスタら、バルサの選手を中心とした「ティキタカ(ショートパスを小気味良く繋ぎ、敵ゴールに迫る)」だった。

 ただ、彼らは決して、ティキタカだけに囚われてはいなかった。

 まず、3人の異なるタイプのストライカーを擁していた。ダビド・ビジャはサイドもできる万能タイプで、フェルナンド・トーレスは圧倒的なスピードが持ち味、フェルナンド・ジョレンテは高さとポストワークを武器とした。ビセンテ・デルボスケ監督は、彼らを局面で使い分け、戦いの幅を広げた。

 そして他のポジションでは、ボランチに入ったシャビ・アロンソはロングパスでアクセントをつけ、ヘスス・ナバスはサイドをドリブルで切り崩した。

 攻撃の柔軟さ、戦術バリエーションの多さが、スペイン代表の大きなアドバンテージになったのである。

1/2ページ

最終更新:6/11(日) 19:11
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ