ここから本文です

粗挽き肉の食感が絶品! ウー・ウェンさんの「焼売」レシピ  [FRaU]

6/11(日) 11:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

ウーさんの料理は単純明快。「子どもの頃から食べてきた料理を日本に伝えるために、なぜこうするのかな、どうしておいしくなるのかな、と分析しているだけよ」という分析力ゆえか、筋が通っているから覚えやすい。

今回は、そんな独自の料理哲学のひとつである「肉は塊で買う」を試してほしい、絶品焼売レシピをご紹介します。

「焼売」レシピ

今までのシュウマイ観が変わるほどのおいしさ!

◆材料(作りやすい分量)

豚肩ロース塊肉……300g

(A)
こしょう……………少々
酒……………………大さじ1
しょうゆ……………大さじ1
オイスターソース…大さじ1/2
ごま油………………大さじ1

(B)
卵白……1個分
片栗粉…大さじ1
パン粉…20g

(C)
しょうが(みじん切り)…大さじ1
玉ねぎ(みじん切り)……1/3個分

シュウマイの皮 ……1袋

◆作り方

1. 豚肩ロース塊肉を薄切りにしてから、包丁で叩いて粗挽きの状態にする。肉をボウルに入れAを上から順に加え、そのつど混ぜる。Bは片栗粉を卵白で溶いてから混ぜ、Cも上から順に加え、そのつどよく混ぜる。

2. シュウマイの皮に1を等分に包む。

3. オーブンシートを敷いたせいろに並べ、蒸気の上がった鍋にのせ、強火で12分蒸す。

MEMO

左手にのせた皮に肉ダネをのせ、親指と人差し指でつくった輪の中に落とし込みながら、空気を抜くように自然にすぼめていく。味がついているので、食べるときのしょうゆやからしは不要。

PROFILE

ウー・ウェンさん
中国、北京で生まれ育つ。料理上手な母から受け継いだ料理が評判となり、料理研究家に。「料理を通じて日本と中国の懸け橋になりたい」との想いから、東京と北京でクッキングサロンを主宰。少ない材料や調味料、道具で作れる、医食同源の知恵にあふれた料理が人気。著書に『ウー・ウェンの北京小麦粉料理』『ウーウェンさんちの定番献立』(ともに高橋書店)、『からだを整える お手当て料理』(天然生活ブックス)など多数。