ここから本文です

【U-20W杯】イングランドがベネズエラ破り初優勝! 守護神のPKセーブなどで1点を守り切る

6/11(日) 20:52配信

SOCCER DIGEST Web

35分のキャルバート=ルーウィンの先制点を守り切る。

 韓国で開催されているU-20ワールドカップは6月11日、水原ワールドカップ競技場で決勝が行なわれ、イングランドが1-0でベネズエラを下し、初優勝を飾った。

 試合は序盤から互いにゴールを目指す激しい攻防となったが、35分にイングランドが先制。敵の守備網を強引に突破したキャルバート=ルーウィンがねじ込み、ゴールネットを揺らした。

 イングランドの1点リードで迎えた後半は、さらにアグレッシブな展開となり、ともに決定的なチャンスを作り出す。52分、ベネズエラはソテルドのスルーパスに抜け出したコルドバが1対1を迎えるが、イングランドGKウッドマンが好守で得点を許さない。54分にはCKからエレーラが強烈なヘディングシュートを放つも、これもウッドマンが好セーブでゴールを死守した。

 その直後、イングランドはオノマーがクロスバー直撃のミドルシュートでベネズエラゴールを脅かす。

 そしてベネズエラにビッグチャンスが訪れたのは79分。イングランドがペナルティエリア内でファウルを犯し、ベネズエラにPKが与えられた。これを蹴るのはエースのペニャランダ。しかし、ペニャランダのシュートは、GKウッドマンが伸ばした左手に阻まれ、リバウンドを押し込むこともできず、得点には至らない。イングランドは大ピンチを凌いだ。

 終盤もピンチの連続となったイングランドだが、守護神のウッドマンが再三の好セーブでゴールを許さない。結局1-0でイングランドがリードを守り切り、初の栄冠に輝いた。
 

最終更新:6/11(日) 21:00
SOCCER DIGEST Web