ここから本文です

本田、イラク戦は「攻守にコントロールしないと」。必要なのは「精神論」

6/11(日) 1:34配信

フットボールチャンネル

 日本代表は10日、ロシアW杯アジア最終予選・イラク戦に向けてテヘランで練習を行った。

日本含め3チームが勝ち点で並ぶ大混戦に W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 試合が行われるイランは、連日の暑さで選手たちのコンディションが不安視される。本田圭佑は「攻守においてコントロールしないといけない」という。そして「それは経験みたいなものが非常に重要になってくる」と言うが、「選手が意外に若いので、新しい選手もいますし、試合までのアプローチも非常に重要になってくる」と述べた。

 ハリルジャパンのエースは例を挙げながらこう話す。

「例えば、ボールを持たれている時も持たせている意識っていうのは非常に重要かなと思います。まあ、速攻みたいな形を監督は作れって言うかもしれないけど、それで自爆しないように。自分らのペースで相手を走らせるっていう、そんな戦い方が重要になってくるかなと」

 現在の日本代表は素早い攻守の切り替えから鋭くゴールに迫るスタイルが定着しているが、暑さの中では試合をコントロールする必要があるだろう。本田は「もう精神論ですよね。駆け引きで勝たないといけない。そういう意味では僕のやるべきことは試合前でもそうだし、試合中も多いと思います」と、チームの勝利のために全力を尽くす意思を示した。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)