ここから本文です

柴崎岳、新役割でも違和感なし。攻守の活躍を地元メディア好評価

6/11(日) 15:31配信

フットボールチャンネル

 テネリフェのMF柴崎岳は、現地時間10日に行われたリーガエスパニョーラ2部最終節のサラゴサ戦にフル出場した。地元メディア『エル・ドルサル』は、この日の柴崎のプレーをまずまず評価しているようだ。

海外組、出場率トップ5! 欧州5大リーグで最も試合に出場している日本人選手は?

 柴崎はサラゴサとの試合でボランチを担当。これまでよりも低めの位置からゲームを組み立て、全体のバランスをとる役割を担った。

 先制点を決めたオマル・ペルドモに「9」を付けた同紙は、柴崎にチーム5位タイで先発したほか5選手と同じ「7」の採点。それでも寸評では、「やりにくさはなかったようだ。守ったし、チャンスをつくった。『マルティ(監督)・スタイル』をしっかり理解している」と、ポジションの変更によるぎこちなさはなかったと好意的に評価をしている。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)