ここから本文です

柴崎岳のボランチ起用を語るテネリフェ監督「そこで見てみたかった」

6/11(日) 16:39配信

フットボールチャンネル

 テネリフェのMF柴崎岳は、現地時間10日に行われたリーガエスパニョーラ2部最終節のサラゴサ戦でボランチを務めた。ホセ・ルイス・マルティ監督が、その意図を明かしている。地元メディア『エル・ドルサル』が伝えた。

海外組、出場率トップ5! 欧州5大リーグで最も試合に出場している日本人選手は?

 柴崎はこの日、中盤の下がり目の位置でバランスを取り、守備を意識しつつも視野の広さで攻撃の起点になった。2-1でサラゴサに勝利したあと、マルティ監督は柴崎のポジションについてこう話した。

「我々は、この位置で彼のプレーを見てみたかった。特に彼のボールを動かす能力を考えると、チームに大きく貢献できると思ったからね。優れた選手は、あらゆる状況に適応するものだ」

 最終節で勝利したテネリフェは、4位で昇格プレーオフに臨むことになった。まずは5位のカディスと対戦だ。柴崎はどのような形で起用されるだろうか。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)