ここから本文です

島耕作が大事件に巻き込まれる? 話題沸騰のコラボ企画「島耕作の事件簿」

6/11(日) 18:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 人気マンガ『島耕作』シリーズのスピンオフ企画「島耕作の事件簿」が、2017年8月17日(木)発売の『モーニング』38号より連載されることが発表された。どこかで聞いたことがあるようなタイトルに「これ絶対に名探偵の孫とのコラボだろwww」「島耕作の名にかけて解決しちゃうんじゃないの?」と早速話題を呼んでいる。

 弘兼憲史原作の『島耕作』シリーズの主人公・島は、1983年の『課長 島耕作』に始まり、部長、取締役、社長と昇進を重ね、最終的には大企業の会長にまで昇りつめた男。現在は島が初芝電産に入社する前の早稲田大学在学時代を描いた『学生 島耕作~就活編~』が『イブニング』にて連載されている。

 今回のスピンオフ企画は『モーニング』の創刊35周年を記念したもので、マンガを弘兼が担当、原作を樹林伸が手掛ける。島が課長時代に“大事件”に巻き込まれ、警察の追跡から逃亡しながら事件を解決していく姿が描かれるという。樹林は『金田一少年の事件簿』など数々のヒット作を手がけていることで有名。このタッグにファンは「ほのぼのスピンオフ企画と思ってたらガチだった件」「島耕作と金田一少年がタッグを組むとしか思えない最強の布陣www」「島耕作が探偵役なのかな? そんなん期待するしかないわ」と大盛り上がりを見せている。

 果たして島が遭遇する事件とは? 今後もスピンオフ企画はあるのか? 島の“活躍”からますます目が離せない。