ここから本文です

911ターボ史上最強の607ps/750Nmを誇る「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブ シリーズ」は世界限定500台

6/11(日) 7:03配信

clicccar

ドイツ本国のポルシェAGは、世界500台限定となる新型「ポルシェ911ターボSエクスクルーシブ シリーズ」を発表しました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



ポルシェ911ターボ史上最高の607psを誇る圧倒的な動力性能に加えて、ユニークなデザインと高いクオリティ、細部にまでこだわった質感を備え、標準の911ターボSとは異なり、ツッフェンハウゼン本社の新しい「Porsche Exclusive Manufaktur」において手作業で精緻に仕上げあれるそうです。



さらに、ポルシェ カスタマーのために初めて、スポーツカーのデザインとお揃いのポルシェ デザインによるクロノグラフが用意されるのもオーナーの満足度を引き上げてくれそうです。



専用となる3.8Lの6気筒水平対向ツインターボは、27psアップとなる最高出力607ps、最大トルクも750Nmに達します。「911ターボSエクスクルーシブ シリーズ」の0-100km/h加速タイムはわずか2.9秒!! 0-200km/h加速タイムは9.6秒で、最高速度は330km/hに到達するそう。なお、燃料消費量(EU複合)は標準モデルと同じ9.1L/100km、CO2排出量は212g/kmに収まっています。



足まわりで目を惹くのは、ブラックカラー塗装のセンターロック20インチホイール。新しいレーザー技術を駆使したゴールデンイエローメタリックで入念に仕上げられるという逸品。さらに、「ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ(PCCB)」のブレーキキャリパーも初めてゴールデンイエローメタリックの“PORSCHE”ロゴを付けたブラックカラー塗装で仕立てられています。

また「ポルシェ アクティブサスペンション マネージメントシステム(PASM)」を備えたアクティブスポーツシャシーとスポーツクロノパッケージが標準装備され、リヤアクスルステアリングとアクティブ制御によるロール抑制システムの「ポルシェ ダイナミックシャシー コントロールシステム(PDCC)」がハンドリングを改善して安定性を確保したとのこと。



外観もゴールデンイエローメタリックの塗装仕上げが特徴で、ボンネット、ルーフ、サイドスカートなどに多彩なカーボン製コンポーネントが使われています。ルーフとボンネットに沿う2本のカーボン模様のストリップがスポーティなルックスを強調。



リヤビューは、ターボエアロキット、新しいリヤエプロン、カーボン製ラムエアスクープ、および2組のブラック塗装ステンレススチール製ツインテールパイプによるエグゾーストシステムによって印象づけられています。フェンダーには「Porsche Exclusive Manufaktur」のプレートが貼られています。なお、ゴールデンイエローメタリックに加えて、多彩なボディカラーが用意されます。



エレガントかつユニークなインテリアも見所です。18ウェイ調節式スポーツシートは2層のパンチングレザーで覆われていて、内側レイヤーはゴールデンイエローの2本のストライプが個性を演出。



ステッチとヘッドレストの「Turbo S」の刺繍ロゴもゴールデンイエローで、アルカンターラのルーフライニングにはゴールデンイエローのダブルストライプが施されています。

カーボンインテリアパッケージのトリムストリップには、洗練された銅糸が採用されていて、助手席側にリミテッドエディションナンバープレートが配されるほか、カーボン仕上げのドアエントリーガードは「Exclusive Series」のイルミネーションが付きます。



先述したポルシェ デザインのクロノグラフは、車両と同様に500個限定。ケースは軽量チタン製で、ブラックの炭化チタンコーティングがスポーティなデザインを引き立てます。カーボン製ダイアルは911ターボSエクスクルーシブ シリーズの際立つカーボン模様のストライプを備え、車両と同じ塗装で仕上げられています。

日本での発売時期や価格はアナウンスされていませんが、ファン垂涎の世界限定モデルなのは間違いでしょう。



(塚田勝弘)

最終更新:6/11(日) 7:03
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)